バイクのお供に必須なナビ!2017年お勧めは?防水機能はあった ほうがいい?

何だかまあ気が付けば、2017年も立春も過ぎまして、徐々に春が近付く日々
ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

暖かい春はバイクツーリングに最適な季節と言えます。

そのバイクツーリングに、今では欠かせないのが、「バイクナビ」
でして、高性能且つ小型化した上に、防水機能も充実した事により、
バイクにナビが使える様に成った訳ですが、今回は、おすすめ
バイクナビ」や、その使い方等を紹介したいと思いますよ。

時代と共に、常識も変わるのです・・・

画像1

☆「バイクナビ」を着けると、どう違うのでしょうか?

と言う事で先ずは、「バイクナビ」が便利なのかに関して、少し話を
したいと思います。

地図を見て行き先を決めたり、ナビがいい加減だったりした、一昔
前とは違い、高性能なスマートフォンが普及し、グーグルマップの
精度がかなり上がって来た昨今で、「バイクナビ」はどうだろう?と
思われる方も多いでしょう。

ですが、以下に述べる理由を考慮すると、「バイクナビ」の重要性を
ご理解戴けると思います。

 視認性

そりゃまあ、今時のスマートフォンは、昔と比べれば、画質も
向上した上に、画面も大きいですが、バイクの運転中にサッと
見る場合、バイク専用に開発された、「バイクナビ」の方が、
格段に良いです。

特に、画面に日光が当たったり、雨が降ったりした時の視認性に
関しては、「バイクナビ」には敵いません。
画像2

バッテリーの充電

例えば、チョットした外出程度なら、そんなに気にする必要は
ありません。行く先々で、充電が出来るからです。

ですが、長時間のツーリングの場合、充電が出来る場所は殆ど
無い事から、スマートフォンのバッテリーが、保たない場合が
多いのです。

その結果、バッテリーが切れて、アプリの使用が出来ない事に
加え、非常時の連絡が、困難に成る場合があります。
画像3

急な降雨時の対処

スマートフォンは精密機器ですので、余程の耐水性能が有るか、
高性能なケースで無ければ、浸水による漏電で、スマートフォン
本体が故障します。

これを応急で防ぐ為に、ビニール袋等を被せると、今度は画面が
見にくく成るので、使うのが困難に成ります。
画像4

目的地へのルート案内が無い或いは、あっても聞こえない

スマートフォンのアプリで、地図を見られる殆どの方が、無料の
アプリを使われていると思いますが、これ等は、単純に地図を
見るだけだったり、大雑把な行き先を示すだけだったりします。

また、音声でナビゲートするツールでも、スマートフォンの通常
使用を、前提にしていますから、ヘルメットを被った状態では、
音声を聞き取り辛く、走行中では先ず聞こえません。

なので、例えば、渋滞の情報や工事の情報等を、リアルタイムに
知りたいとか、走行中に情報を聞きたい場合、「バイクナビ」が
断然お勧めです。
画像5

走行中の揺れや衝撃で、破損する場合がある

スマートフォンをナビに用いる場合、固定用のアームを使えば、
停車時の使用は、十分可能です。

ですが、これ等の殆どは、「バイクの走行中も固定して使う」
事は想定して無い製品ですから、迂闊に、対応して無い製品を
使うと、悲惨な結末を迎えるでしょう・・・・
画像6

上記の理由から、長時間のバイクツーリングには、
「バイクナビ」がお勧めなのです。

☆「バイクナビ」の電源はどうするのでしょうか?

先程、「バイクナビ」の利点を紹介した所で、次は「電源の取り方
に関して、少し説明したいと思います。

まあ要は、バイクから電源を取るので、下記の様に成ります。

・バッテリーから直接取る(バッ直)
・スイッチやリレースイッチを経由して取る
・ウィンカーやホーンから取る

と言った事が挙げられますが、バッテリーから直接取る場合、常時
バッテリーから通電するので、長時間の使用ですと、バッテリーが
上がります。これでは本末転倒ですw。

なので、リレースイッチを使って、イグニッション連動にするのが、
無難な使い方と言えます。

画像7

また、このリレースイッチ経由で、シガーソケットやUSBポートを、
並列配線で付ければ、スマートフォンの充電等にも使えますので、
大変便利です。

画像8

☆「バイクナビ」で、音楽を聴く方法を教えて下さい!

さて、「バイクナビ」の電源に関して説明した所で、今度は、音楽を
「バイクナビ」で聴く方法を、説明したいと思います。

いや実は、今時の「バイクナビ」って奴は、ナビだけでは無いのですよ♪

その方法ですが、何とBluetoothで、「バイクナビ」からインカムに
データを飛ばす事で、実は、かなり高音質で聴けるのですが、全ての
「バイクナビ」に対して、付属する機能ではありません。

画像9

ですが、Bluetooth機能が付いた「バイクナビ」は、ナビの音声が、
とても明瞭に聞こえますので、ご予算に余裕があるなら、是非とも
ご検討下さい。

雨が降ってきても専用のポーチがあり、タッチパネルも使える優れモノ!

 

 

Bluetoothイヤフォンが付いてくる防水タイプ!

 

 

こちらもBluetoothイヤフォンが付いてくるタイプ!

 

 

また、音楽を聴く場合には、「バイクナビ」に、音楽データを入れた
microSDカードを、事前に装着する事が必要です。

 

 

 

☆お手頃価格の「バイクナビ」が欲しいです!

最後に成りますが、「正直余り予算が使えない・・・。」と考えて
居る方も、多い事でしょう。

そこで、今回は特別に、お勧めの「バイクナビ」を紹介しますので、
是非ご検討下さい。

1万円を切る価格帯が魅力的!

 

 

1万円を切って7インチ

走行中も見やすいタイプ♪

 

☆あとがき

いかがでしたか?

今年は既に、暖かく成りつつありますから、今の
内に、バイクのメンテナンスがてら、「バイクナビ」をバシッと装着
して、シーズン到来を待ちましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ