ホッカイロはどこに貼ると効果的?おすすめの貼る場所を紹介! ~上半身編~

寒さが一番厳しい季節ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?
家でも外でも、寒さが身に凍みる季節ですね。

そんな時に欠かせないのが、「貼るホッカイロ」ですが、今回は、
身体の上半身で、効果的な貼る場所を説明しますので、服の重ね着を
するだけでは不十分な時に、思い出して頂けますと幸いです。

ただ貼るのでは無く、使う場所を考えましょう。
画像1

スポンサードリンク

☆「貼るホッカイロ」で効果的な使い方とは?

先ずは、「貼るホッカイロ」の効果的な使い方ですが、貼る場所で
効果が変わる事を、皆さんはご存じでしょうか?

只、闇雲に貼れば良いのではありません。

下記に説明しますので、本項目を拝読されて
いる皆さんには、ご理解頂きたく存じます。

◇首の後ろに貼る

首の後ろよりやや下の、「風門(ふうもん)」と呼ばれる場所に
貼りますと、風邪の初期症状や、肩こりに良く効きます。

但し、頭痛の時に、この場所に貼りますと、頭痛が悪化するので
避けましょう。
画像2

◇小円筋(しょうえんきん)の上に貼る

小円筋(しょうえんきん)とは、肩甲骨(けんこうこつ)と腕骨
(わんこつ)を連結する筋肉です。

デスクワークや猫背で、この
筋肉は突っ張るので、肩こりの原因と成ります。

この場所に貼る事で、腕の疲れが緩和しますが、酷い場合は、
湿布を貼りましょう。
画像3

◇肩甲骨(けんこうこつ)の間に貼る

左右の肩甲骨(けんこうこつ)の間に位置する、背骨の上に直接
貼る事で、肩まわりの筋肉の血行が促進し、全身を温める効果が
見込めます。
画像4

◇右胸下に貼る

右胸の少し下(右側の肋骨の下辺り)には、肝臓が位置します。
ここを適度に暖める事で、肝機能を良くする事が出来ます。

肝臓は、体内物質の代謝・腸内で発生するアンモニア等の解毒、
腫瘍細胞や壊れた赤血球等の消化、胆汁の分泌と、非常に重要な
臓器です。

なので、日頃から労る事が大事なのです。
画像5

これ等の場所を中心にして、効率良く貼りましょう。

☆貼る時の注意点!!

先程、効率良く貼る場所を説明しましたが、今度は、貼る時の注意点
を説明しますので、使う前に一読されますと幸いです。

◇体温調節をする場所には使わない

人間の身体には、幾つか、体温調節をする場所が存在します。
身体の表面では、「頭部」と「脇の下」です。

ここに貼ってしまうと、実際は寒いけれど、身体は暑い場所と
勘違いする事で、「体熱を発散しようとする」結果、体調不良
引き起こすので要注意です。
画像6

画像7

◇余り動く場所には貼らない

これは単純に、余り効果が無かったり、直ぐに剥がれたりする
事から、湿布の様に、両肩・両腕の関節部分に貼るのは、避けて
使いましょうと言う事です。
画像8

◇肌に直接貼らない・就寝時には使わない・暖房器具と併用しない

理由は共通なので一括しましたが、これ等の誤った使い方は、
低温やけど」の原因に成りますので、絶対に避けましょう。

特に、「糖尿病患者」の方は、熱さに対する感覚が、薄れている
事が多く、気付かぬ間に、体組織の壊死(えし)を引き起こす
場合もあるので、絶対に避けましょう!
画像9

画像10

上記の点に注意して、より安全に、正しく使いましょう。

☆ホッカイロのまとめ買い!!

最後に成りますが、大量に購入したい或いは、販売店に足を運ぶ事が
手間な方に、ネットの販売店を紹介しますので、是非ご利用下さい。

☆あとがき

如何でしたか?

今年の冬は、例年に無く寒さが厳しいので、是非、
「ホッカイロ」で寒さを克服しましょう!

なお下半身の冷え対策にはこちらをご覧ください!!

「ホッカイロはどこに貼ると効果的?おすすめの貼る場所を紹介! ~下半身編~」

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ