冬の自転車に着られるレディースアウターは?選ぶポイントは?

寒さが一段と増して、家の外に出るのが億劫な日々ですが、皆さんは
いかがお過ごしですか?冬には冬の良さがありますが、
自転車で外出するのは寒いなんてもんじゃ無いですなあ。

その寒さを何とかしたい!と思われる、女性も多いでしょうから、
今回は「に乗る自転車でのアウター」に関して、ご近所に出掛ける
時の、レディースファッションな感覚で、身に付けてみましょうと、
そう言う事なのですよ。

コタツにミカンの誘惑を断ち切って、颯爽と出掛けましょう!
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

スポンサードリンク

☆自転車で気を付ける事はありますか?

と言う事で、先ずは「自転車に乗る場合のアウター」ですが、昔と
違い、今ではかなり、ファッション性が高い物が増えました。

とは言え、冬場での着用には、幾つかの注意点がありますので、
少し説明したいと思います。

・自転車に掛からない物を選ぶ

これは当然と言えますが、自転車の後輪に、衣服やマフラーが
引っ掛かる事で、自転車が転倒する事故が、かなりあります。
交通事故を引き起こす場合もあるので、絶対に避けましょう!

具体的には、ロングカーディガンやトレンチコートの様な
丈の長いアウターは避けて、ジャンパーやダウンベスト等の
丈が短い物を選びましょう。

また、スカートを履く場合は、キュロットスカートやサイクル
スカート等の、丈が短めな物を選び、長くても、ミモレ丈程度
に止めましょう。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

・余り服を重ね着しない

これは実に難しい問題ですがw、着膨れでモコモコですと、見た
目が不格好ですし、自転車で移動する際に、汗をかき過ぎたり、
動きが取り辛かったりしますので、なるべく避けましょう。

間違っても、ジャージにセーターでドテラ等は、オバチャン臭く
成りますからw、防寒と着こなしの、バランスを考えましょう。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

・小物をスッキリとまとめる

これは、上記の理由と似ていますが、自転車での移動を考えて、
ゴテゴテな格好を避け、動き易い格好にしましょう。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

これ等の事を踏まえて、寒い時期でも着こなしましょう。

☆人気のブランドを教えて下さい!

さて、先ずは基本的な着こなしを説明しましたが、お次は、自転車の
運転に支障が無い、人気のファッションブランドを紹介しますので、
是非、ご検討をして下さい。

・Kastane(カスタネ)

アメリカンスタイルをベースとした、割と落ち着いた雰囲気の、
ファッションを揃えるブランドです。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

気軽に着られる服が多い事から、世代を問わずに、
人気が高いブランドです。

・Regalect(リガレクト)

日本のデニム職人達が、丹精込めて作り上げる、海外でも評価が
高い、デニムのブランドです。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

どの製品も糸のほつれが無く、長く愛用が出来る、
オススメのブランドです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Solid Taperd(R15A-5060) Regalect(リガレクト)
価格:18144円(税込、送料無料) (2016/12/21時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リガレクト Regalect レディース ボトムス スキニー【Skinny】Indigo
価格:41800円(税込、送料無料) (2016/12/21時点)

・Gloverall(グローバーオール)

実に英国らしい、洗練されたデザインで、世代を問わずに人気が
高い、お出掛けに重宝する、コートを専門に扱うブランドです。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

入荷数が少なく、人気が高い事から、品切れする事がとても多い
ブランドです。

・MARGARET HOWELL(マーガレット・ハウエル)

元々は、メンズシャツや、スーツを手掛けていましたが、今は、
女性用・子供用の服や、各種アクセサリーを、大変豊富に取り
揃えています。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

特に、オシャレなお出掛けにピッタリなのが、ニットやコットン
等の製品で、洗練されたスマートなデザインは、世代を問わず、
極めて高い人気を誇ります。

☆あとがき

いかがでしたか?

今年の冬は、例年よりも随分と冷えますが、冬には
冬の良さがありますので、冬場のオシャレに磨きを掛けて、
充実したウィンターシーズンにしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ