長財布で30代にお勧めのメンズ人気ブランドは?

財布はこまめに変えましょう!

すっかり季節は冬と成りまして、家の近所も、やれジングルベルだの
初詣だのと、活気付いていますが、皆さんはいかがお過ごしですかね?

年末は色んな付き合いで、外出する事が多いでしょう。

そんな時に、以外と、人様に見られるのが「財布」でして、人との
付き合いで重要なアイテムなのです。

今回は、「30代にオススメなメンズの長財布」をお題に、
人気のブランドを交えて、少しばかり
話をしましょうと、そう言う事なのですよ。

財布は、その人が扱うお金を表す、と言われています。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

☆「長財布」のいいところは?

と言う事で、先ずは「長財布」の利点ですが、
一般的な使い方を考慮すれば、下記の様に成ります。

・収納に余裕がある

これは単純な話ですが、二つ折りの財布よりも大きいので、お札
や硬貨だけで無く、銀行のカードや、各種会員カードを、多く
入れられるので、特に、遠出する際には便利です。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

・会計での支払いがスムーズに出来る

これも「長財布」の利点ですが、支払の際に、サッとお札を取り
出せるので、店員さんや、後ろに居る方を待たせる事無く、直ぐ
会計を終わらせる事が出来ます。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

・スーツに良く合う

テレビドラマ等で、見掛ける事が多いですが、内ポケットから
サッと出すと、実にスタイリッシュに見えます。

余りにわざとらしいと、ネタには成りますw。

着られるスーツに併せた色合いでも良、逆に鮮やかな色合いでも
良と、クールなビジネスマンには、様に成るのです。
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94

・お札を伸ばして使える

これは良く言われる事ですが、お金を大切に扱う人は、金運を
呼び込むと言われます。主な理由として、他者から見た場合、
「お金を大事に扱う人」と見られる事から、少しずつですが、
信用を得る機会が増えるから、と言われています。

まあ少なくとも、お札がヨレヨレで、領収書やチケット等で、
グチャグチャな財布の中身では、信用を得るのが難しいのは、
自然な事と言えます。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

これ等の点を考慮すると、社交的な場面では、
「長財布」が良いと思われます。

☆「長財布」を使用する時の注意点は?

最初に「長財布」の利点を説明しましたが、その反面、
「持ち運びが不便!」とか、「財布を抜き取られるのでは?」と言った、
問題があります。

そこで今度は、普段の持ち歩き方に関して、少し説明しますので、
是非参考にして下さい。

・出来る限り「長財布」を厚くしない

どう言う事かと言いますと、先にも少し述べましたが、領収書や
チケット、各種カードで膨れ上がると、精算に手間取るだけで
無く、持ち運びにも支障を来します。

なので、出来る限り、小銭は、小銭専用の財布に分けて入れる、
使用するカードは少な目にする、領収書は別のケースに入れる、
と言った事を心掛けると、キッチリと使えるだけで無く、他者の
印象も良くなります。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%96

・「ケツパン」は極力避ける

「ケツパン」とは、尻ポケットに財布を入れる事ですが、スリが
真っ先に狙うスタイルが「ケツパン」です。被害の大半が、この
スタイルです。

基本的に、「長財布」を使う場合は、内ポケットから出すか、
バッグや鞄から、出す形にしましょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%97

・お札は分けて入れる

これは基本的な事ですが、今時の「長財布」は、
札入れが複数ある場合が殆どです。

ですから、千円は一つ目の札入れ、五千円は二つ目の札入れ、
一万円は三つ目の札入れ、と言った感じで、分けて納めると、
「お金を大事に扱う人」と、貴方の周囲が見るでしょう。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%98

上記の事に注意するだけでも、上手に扱えるだけで無く、人様の前
でもスマートに、お金を扱う事が出来ます。

☆クール且つスマートでスタイリッシュな「長財布」とは(´。`)?

最後に成りますが、オススメの「長財布」を、少し紹介しますので、
一年間頑張った、自分へのご褒美に、是非、新調して下さい。

・LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

言わずと知れた、世界で最初に旅行用の鞄を専門とした、世界の
王侯貴族御用達のブランドです。

日本では1981年に、銀座で直営店を始めて以来、今も尚、
幅広い世代に愛用されています。

・Paul Smith(ポール・スミス)

Knightの称号を持つ、ポール・スミスが立ち上げた、紳士服の
ブランドで、マンチェスター・ユナイテッドFCの、公式スーツを
担当している事で知られています。

今では、紳士服だけで無く、カジュアルな衣装や小物を手掛け、
親日家でもある事から、日本は特に注力しているブランドです。

・Bvlgari(ブルガリ)

元々は、宝石貴金属が専門でしたが、今では、香水や革製品、
眼鏡のフレーム等を、幅広く取り扱っているブランドです。

日本では、40店舗もの販売店があり、特に力を入れている
国として、広く知られています。

・BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

「ベネチアの工房」を意味する、バックや革財布を製造する、
グッチを始めとする、ケリング・グループ内の企業です。

職人の仕事を凄く重視し、若手の職人を育成する為の、学校も
運営しています。

・PORTER CURRENT(ポーターカレント)

去る2015年に、創業80周年を迎えた、日本が世界に誇る、
東京は東神田に構える、「吉田鞄」のブランドです。

シンプルでも確かな作りの製品は、世代を問わず非常に人気で、
大量生産が出来ない事から、直営店には行列が出来る程です。

・Burberry(バーバリー)

防水・防寒に優れた、ギャバジン素材を発明した事や、英国軍の
トレンチ(塹壕)コートを始めとする、イギリス王室御用達のブランドです。

今では、様々なファッションを手掛け、
世界中で愛用されているブランドです。

☆あとがき

いかがでしたか?

今年の冬は、例年より寒いですが、懐を温めて、
スタイリッシに長財布を使いましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ