子供のプール熱感染経路は?症状や予防策を紹介!

近頃は、何だか急に暑くなって来まして、無理矢理夏に入った気分な
今日此の頃ですが、皆さんは如何お過ごしですか?

こんな暑い日には、お子様と一緒に、ちょっくらプールが宜しいですね!

・・・なのですが、皆さんも覚えがあるかも知れませんが、いわゆる
プール熱」に罹るお子様が、最近はかなり多いので、今回は、この
「プール熱」に関する話をしたいと思います。

水に入るのは気持ちが良いですが、気を付ける事もあります。
画像1

スポンサードリンク

☆そもそも「プール熱」とは何ですか?

と言う事で、先ずは、この「プール熱」に関してですが、正確には、
咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」と言い、アデノウイルスの
感染症として知られています。
画像2

このアデノウイルスは、約50種の型がありますが、この内3種が、
下記に挙げる症状を、3~5日程度引き起こします。

稀に、肺炎等を引き起こす事がありますから、
病院で診察を受けましょう。

・咽頭炎:のどの痛み

・結膜炎:目の充血、目の痛み、かゆみ、目やに、眩しく感じる、
涙が止まらなく成る

・咳:悪化すると肺炎を起こす事がある

・急な発熱

・腹痛や下痢

主な感染経路としては、咳やくしゃみ等によって発生する、飛沫に
よって感染する飛沫感染と、患者とのタオルの共用や、手指を介した
接触感染によって感染します。

ですが、塩素濃度の管理が不十分なプールでも、感染する事が多い
事から、「プール熱」と呼ばれるのです。
画像3

通常は6月頃から、患者の増加が始まり、7~8月頃に活発化して、
その後は、徐々に収まりますが、10月頃まで流行が見られます。

ただし、アデノウイルスは1年中活動していますので、夏以外にも
流行する事がありますから、日頃から、手洗いとうがいは、
しっかり行いましょう。

☆予防をするには、どうすれば良いでしょうか・・・?

最初に、「プール熱」の説明をしましたが、次は、「プール熱」の
予防法を少し説明させて頂きます。

「プール熱」を発症させるアデノウイルスは、感染力が非常に強い
上に、低年齢での感染が多いので、予防策としては、下記の対処が
必要です。

「プール熱」の予防方法一覧

・流行する時期や、家族が感染した場合、出来る限り密接な接触は
避けて、こまめに手洗い・うがいを行いましょう。
画像4

 

・排便にもウイルスがいるので、排泄後はしっかりと、手洗いや
手指の消毒をする様に指導します。

また、赤ちゃんのおむつ交換後は、しっかりと、
手洗いと手指の消毒をしましょう。
画像5

 

・タオルや洗面器等の共用は避け、タオルや衣服は、洗濯をした
後はカラカラに干しましょう。

洗濯物に触れた後の、手洗いや手指の消毒も重要です。
画像6

 

・ドアノブや手すり、おもちゃ等は、出来る限りこまめに、消毒用
エタノールや、次亜塩素酸ナトリウム等を用いて、
しっかり消毒をしましょう。
画像7

 

プールから上がったら、必ずシャワーを浴びて、目を良く洗い、
必ずうがいをしましょう。
画像8

 

・患者の目ヤニや、涙を拭き取る場合は、ティッシュペーパーや
清浄綿を使い、患者の眼に直接、手で触れない様にしましょう。
画像9

なお、症状が治まった後も、咽頭からは7~14日間、排便からは
1ヶ月程度、ウイルスを排出し続ける場合があります。

ですから、本人が治った後でも、二次感染に注意が必要です。

☆「プール熱」の予防に、良い物を使いたいです。

最後になりますが、中々、薬局やドラッグストアに足を運べない、
ネットでの買物が多い、と言った方も多いでしょう。

そこで、今回はお勧めの常備品を紹介しますので、
この機会に是非お求め下さい。

消毒と聞くと、消毒アルコールを思い浮かべるでしょうが、実は、
何にでも効く訳ではありません。

そこでお勧めなのが、次亜塩素水の除菌剤です。

冷蔵庫での保管が必要ですが、業務用途でも広く使われる、
安全性と殺菌性能が高い除菌剤です。

 

 

トイレの殺菌を確実に行いたい方に、強くお勧め出来るのが、
このアルボースクリーンジェルです。

公共機関や病院でも使われている、
安全で除菌力が高い商品です。

 

 

安全で除菌力が高い、石鹸を使いたい方には、
アルボース薬用石鹸がお勧めです。

除菌力が高く、安心して使えるので、体臭やニキビの
予防にも、効果が極めて高いです。

 

 

一般では売られる事が少ないですが、安全性が高く、強力な洗浄力を
発揮するのが、過炭酸ナトリウムを用いた、酸素系漂白剤です。

夏は大量の洗濯物が出ますので、安全且つ殺菌力が高い、
こちらの洗剤がお勧めです。

 

 

除菌にウェットティッシュを使いたいけれど、アルコールは刺激が
強い、と思われる方に重宝するのが、このウェットティッシュです。

家の中でも外出時でも、大変役に立ちます。

 

 

うがい薬はとても多いですが、アルコールで殺菌するタイプの物は、
アルコールで口内や喉の粘膜を痛める結果、かえって口臭が酷く成る
上に、余り効果がありません。

海外のセレブも愛用するセラブレスは、口内や喉の粘膜を痛めずに、
ニンニクの臭いすら消して、殺菌力も非常に強く、口内や喉の健康を
維持する事が出来ます。

 

最後に

いかがでしたか?

今や夏真っ盛りですが、楽しい夏を「プール熱」で
台無しにしない様に、しっかり予防する事が大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ