ゴムチューブでお尻・太ももの引き締めに効果的な筋トレを紹介!夏までにシェイプアップ!

画像1

今年の夏は暑くなるそうですね!

といえば海、水着!あーっ!
このボディーで水着はダメかも?!

筋トレ引き締めなくっちゃ!

特にお尻と太もも

ということで今回はお尻と太ももの
シェイプアップについてご紹介します。

スポンサードリンク

▼ダイエットとシェイプアップって違うの?

なんとなく同じような意味で使ってませんか?

ダイエットは食事制限で痩せること。

それに対してシェイプアップは
食事や運動で体型や体調を整えることです。

そしてシェイプアップでの運動をエクササイズといいます。

▼鍛えるのはどこ?

画像2

太ももの筋肉は大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋を合わせて
ハムストリングス」といいます。

この太ももの裏側のハムストリングスを鍛えると
ほっそりした太ももになります。

また、お尻の大臀筋はヒップアップに、
中臀筋は鍛えると小尻に効きます。

▼ゴムチューブを使ってのエクササイズ

ゴムチューブを使ったトレーニングが効果的!

で、このゴムチューブいくつか種類があります。

使い方はどれも同じような感じです。

画像3

HI3F0042

画像4

ゴムチューブを使うメリットとしては・・・

・持ち運びがラク
・安価で効果のあるトレーニングができる
・場所を取らない
・いろいろなエクササイズに使える

▼チューブの強さは?

自分の筋力や鍛える部分などに応じて
チューブの強度を選ぶ必要があります。

例えばチューブの色で強度を表しているものや、
チューブの長さを調節することで強度を変えられるものもあるので、
自分に合ったものをチョイスしましょう。

▼動画でチェック!

太もも・おしりに効くチューブを使った
エクササイズの動画を集めてみました。

▼どのくらい続ければいいの?

筋トレってそんなに一朝一夕で効果が出るものではありません。

ボディビルの大会に出るわけでもないし、
超アスリートを目指すわけでもないのでスゴク追い込んだ
トレーニングは必要ありませんが、
ある程度の期間、地道に続けることが大事です。

あくまでシェイプアップなので、
続けられるくらいのペースを守って楽しくできるようにしましょう。

▼おすすめチューブ

 

持ち手つきチューブ

色で強度が違う。

 

 

ちょっと変わった形のチューブ。

 

 

グリップもゴムチューブ。

 

 

グリップが4つ付いたゴムチューブ。

いかがでしたでしょうか?

お尻と太ももを重点的に引き締めて、
今年の夏はメンズの視線を独り占めしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ