子供の水筒選ぶならプラスチック?ステンレス?メリットデメリットを紹介!

画像1

ようやく春らしくなってきましたね!

春は入園・入学のシーズンですが、
初めてお子さんを幼稚園や保育園に入れる保護者さんは
勝手が分からず困っておられるのではないでしょうか?

持っていくものを揃えるのに四苦八苦・・・お察しします。

今回はそんな入園準備品の中から「水筒」をご紹介します。

毎日使うものですし、園によって禁止されているものがあったり、
流行りや使い勝手、衛生面も考えて選びたいですよね。

お子さんの水筒選びに役立つ情報、是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

★材質のタイプ

子供の水筒の材質って昔はプラスティックが主流、
というかそれしか無かったような気がします。

今はこのプラスティックとステンレスの
2つのタイプのどちらかということになります。

簡単に2つのタイプの特徴をご紹介します。

・プラスティックタイプ

何より軽いことがメリットでしょう。

保温・保冷が出来ないのが最大の難点です。

画像2

・ステンレスタイプ

保温・保冷が出来るのが一番の利点ですね。

丈夫で壊れにくいですがやや重いのが欠点。

画像3

★飲み口は?

材質以外に「飲み口」の形状も
コップタイプ・ストロータイプ・直飲みタイプと3つあります。

・コップタイプ

衛生面は安心なのですがコップを外して
注いで飲む動作が小さい子には意外に難しいのが欠点です。

画像4

・ストロータイプ

飲みやすくて、倒れてもこぼれないのが良いのですが、
衛生面が心配ですし洗いにくいというデメリットもあります。

画像5

・直飲みタイプ

ストロータイプよりは少し飲むのが難しく、
小さい子はこぼしてしまう可能性もありますし、衛生面も心配です。

画像6

★禁止されてる?

一部の幼稚園や保育園では特定の水筒を
禁止
しているところもあります。

ステンレスが禁止だったり、
逆にプラスティックがダメといった具合にまちまちです。

また、コップタイプなのか
ストロー・直飲みタイプなのかも分かれるようです。

衛生面や使い勝手といった理由で禁止されていると思いますが、
そもそも何を重視するかで水筒のタイプは決まります。

水筒を持参すること自体が禁止な園もあるようです。

★オススメの水筒

THERMOSのストロータイプ、
ディズニー大好きのお子さんにはピッタリのミッキーの水筒。

 

妖怪ウォッチのコップタイプ水筒、
中はステンレスの保冷・保温可能タイプ。

 

直飲みタイプのジュウオウジャーステンレスボトル

 

取り外せるストロータイプ
リラックマプラスティック水筒、保冷効果あり。

 

くまモンのプラスティック直飲みタイプ水筒、軽い!

 

直飲み&コップ両方使えるぼんぼんりぼんのプラスティック水筒。

★洗い方

毎日使う水筒、ちゃんと洗わないと雑菌が繁殖し食中毒の心配も・・・

正しい洗い方をご紹介します。

柔らかいスポンジのついたボトル洗い用のもので中を洗い、
しっかり乾燥させる。

キャップや中蓋も分解して洗いましょう。

細い隙間は洗いにくいのでタッパーなどの密閉容器に
水と少しの食器用洗剤を入れて良く振ってからすすげば簡単です。

画像7

 

 

中までしっかり洗いたいという方にお勧めのアイテムはこちら!

 

マーナ チャチャット マイボトル・水筒洗い

マーナ チャチャット マイボトル・水筒洗い
価格:669円(税込、送料別)

水筒や細長いものを洗うのに便利なスポンジ

 

いかがでしたでしょうか?

衛生面・使い勝手など重視するポイントで選びましょう。

参考になりましたらウレシイです!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ