妊婦さんの楽な座り方とNGの座り方を紹介!

季節は春だと言うのに、何とも、
朝晩と日中の温度差が凄くて大変ですが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

温度差が激しいと、脳卒中が怖いので、
年齢を問わず、適度な水分補給と、
十分な睡眠が重要です!

特に、年配の方や妊婦さんは要注意です!

そんな折に今回は、
妊婦さんの座り方」に関するお題が来まして、
早速、パパッと調べた次第ですが、
楽な座り方と、NGな座り方を紹介しますので、
是非ともご参考下さい。
画像1

スポンサードリンク

☆なぜ座るのが大変なのでしょう?

と言う事で、先ずは、妊婦さんが座る事の大変さと、
その問題点を取り上げたいと思います。

お腹が大きくなって来ると、胎児に負担が
無い様に、座る事が大事ですが、妊娠初期も、
座り方が悪いと骨盤が歪んでしまい、
便秘や肩こりの原因に成ります。

楽な座り方は?

クッションを敷いて座る:手頃なクッションが無ければ、タオル
等を重ねても良いですが、背筋を伸ばした上で、正座かあぐらで
座り、尾てい骨の位置に、クッションやタオルを敷きます。

椅子に座る時も同様で、背筋を伸ばして座り、尾てい骨の辺りに
クッションやタオルを敷きます。

自宅の場合ですと、座布団やクッション等を、気兼ね無く用いる事が
出来ますが、外出先、特に、電車やバス等の公共の乗り物や、公共の
施設ではそうはいきませんから、バッグ等にタオルを数枚入れて、
座る時に使用すると良いでしょう。

NGな座り方は?

横座り:横座りで座ると、どちらか片方に重心が置かれる事に
成る結果、骨盤にずれが生じ、更には、背骨もS字に曲がって
しまいます。
画像3

ぺしゃんこ座り:ぺしゃんこ座りで座っていると、骨盤の緩みの
原因に成り、胎児が下がり易く成ってしまいますから、
絶対に避けましょう。

と言う以前に、猫背に成り易いので、根本的に
お勧めは出来ません。
画像4

スマホ(パソコン)座り:椅子に座る時に要注意なのが、この
スマホ座りです。

スマホ使用時に限らず、携帯ゲーム機等でも
成り易いですが、この座り方は骨盤を圧迫して、
骨盤を開かせてしまいます。
画像5

足を組んで座る:足を組んで座る事は、骨盤の歪みや、ずれを
生じさせます。仕事場でのデスクワークや、電車に乗る時等も、
足を組むのは止めましょう。
画像6

座る時の注意点としてですが、
長時間ずっと座る事は控えましょう。

長時間座り続けていると、血管が圧迫されてしまい、
むくみや足のしびれ、そして、
胎児への血液供給の阻害にも成ります。

なので、目安としては1時間に1回は、
5分程足腰を伸ばして休憩して下さい。

何か良い道具はないでしょうか・・・?

そうは言いましても、実際に色々と使って見ても、
一長一短な事が多い物ですね。

そこで!

今回は特別に、オススメのアイテムを紹介
しますので、疲れを感じたりしたら、
早めに用意しましょう!

ボディラインにピッタリとフィットし、体重を分散する構造なので、
妊婦さんでも安心して使える、オススメのビーズクッションです!

 

お部屋にスペースが在るなら、こちらの、
ジャンボサイズなビーズクッションはいかがでしょう?

これなら、身体に無理が掛からずに、
ゆったりとした姿勢で座れるので。

大変便利です!

 

こちらの商品は、今大人気の、
モグ・バックサポーターエイト」になります!

体型を選ばない作りなので、デスクワーク等で、
椅子に座る時には最適です!

 

外出時には、持って行きたいアイテムと言える、
携帯の座布団です!

座る際に体重が掛かる、
お尻周辺をしっかりと支えるので、
安心して使うことが出来ます!

 

健康な人でも、座るのすら疲れる時があります。

妊婦さんは特に、無理は出来ませんので、
座るのが辛い時は、抱き枕がオススメです!

☆あとがき

いかがでしたか?

出産が間近な方も、妊娠して間も無い方も、
御自身や胎児に無理の無い姿勢で、
安心して出産が出来る様、
座る姿勢には気を付けましょう。

私も長時間、デスクトップPCの前で座る事が多い
ので、猫背に成らない様に、姿勢に気を付けます(´д`;)。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ