スノボ初心者はゲレンデで携帯電話をどうやって持ち歩く?紛失を防ぐ工夫や防水対策も!

画像1
ついに冬本番!

ゲレンデにも雪が積もり、
ウィンタースポーツを楽しむことができる季節になりましたね。

そこで困るのが携帯電話をどのように保管するかということです。

バッグに入れたままだと友達と
連絡がとれなくなってしまって困りますよね。

そこでスノボ初心者はゲレンデで携帯電話をどうやって持ち歩くの?

紛失防ぐ工夫防水対策をご紹介していきます。

スポンサードリンク

▼スノボに行っている最中、携帯電話を紛失する危険があるのはどんな時?

画像2
スノボの最中「携帯を落とした」という経験を
されている方も多いのではないでしょうか?

携帯電話をウェアのポケットに入れたまま
転倒を繰り返すとポケットから出て行って紛失に繋がります。

あとよくあるのが、リフトで写真を撮ろうと
携帯を取り出して落としてしまうということもあります。

なので、携帯電話は必要な時だけ出せるような
マジックテープで口をしっかりとめれるポケットに
入れておくことをオススメします。

▼滑っているときはどこのポケットに携帯電話は入れておけばいい?

どこにしまっておくと携帯電話を安全に
持ち運びできるのでしょうか?

スノボでこけるとき、手はつかないということが鉄則なので、
お尻からこけることが多いようです。

なので、お尻のあたりのポケット
携帯電話を入れてしまうと破損の可能性があります。

ズボンのポケットにいれるとこけたときに
携帯電話破損する可能性が高いようですね。

そこでオススメなのが上着のポケットです。

取り出すのも簡単で、
こけたときに破損するリスクが低くなります。

▼ポケットに入れる以外でおすすめの方法はありますか?

ポケットに入れることができない場合は
スノボ上級者の方に預けておくのもオススメです。

その場合はぐれた時のために予め
集合場所をきめてから行動すると安心ですよね。

▼携帯電話の防水対策をご紹介!

≪お手頃な防水対策≫
携帯電話は衝撃だけではなく、
水に濡れて故障してしまうこともあります。

特にゲレンデではグローブをしたまま
携帯電話を触ったりと気づかないうちに濡れていることが多いですよね。

そこで便利なのが「ジップロック」です。

ジップロックだとケースから出さなくても
スマホをタッチすることができます。

急な連絡でもすぐに対応できそうですよね。

併せて安価なところもとても魅力的です!

今時100円均一でも手に入れることができますよ。

≪その他にも便利グッズが色々♪≫

全機種対応の防水ケースです!

色も選べて自分らしい1つが見つかりそうです

 

大人気!

ディズニーの防水ケースです!

 

マルチ防水ケースはカードを入れるポケットもついてとても便利!

 

いかがでしたか?

今年もウィンタースポーツを楽しむ方は是非こちらを参考にして、
大切な携帯電話を破損しないようにしましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ