クリスマスにローストビーフ!簡単レシピを紹介!最後の手段はお取り寄せ!

ついに冬本番!

朝晩だけではなく、日中の寒さも厳しくなってきましたね。

12月といえばクリスマス

冬の一大イベントですよね。

クリスマスにかかせないのはもちろん美味しい料理たちです!

そこでクリスマスに食べたい、
ローストビーフについてご紹介していきます。
画像1

スポンサードリンク

▼ローストビーフとはどんなもの?

画像2

ローストビーフってよく聞くけどそもそも何?
という方も多いのではないでしょうか?

ローストビーフとは牛肉のかたまりを
オーブンなどで蒸し焼きにしたもののことをいいます。

イギリスの伝統的な料理で、中までしっかり焼くのではなく、
ほんのり赤身を残して食べるところも特徴的です。

和牛を使用する場合、ローストビーフに使用するのにむいているのは、
「ランプ」や「モモ」のようです。

脂身が少なく、
赤身の多い部位を選ぶといいようですね!

気になるのはスーパーで買える?というところですよね!

牛肉のかたまりは黒ずみやすいので通常店頭に置いていないことが多いようです。

事前に電話予約をしていると
牛肉のかたまりを購入できる可能性が高いようです。

▼ローストビーフの簡単レシピをご紹介します!

家で作ってみようかな…と悩んでいる方に
自宅で簡単に作ることのできるレシピをご紹介します!

ローストビーフレシピ

画像3
□材料
牛肉ブロック 400g
塩      小さじ2
こしょう   適量
サラダ油   大さじ1
★ソース
しょうゆ   50cc
みりん    25cc
料理酒    25cc
にんにく   大さじ1

①牛のかたまりを常温にし、塩コショウをしっかりすり込む。

その間に大き目の鍋に水を張って沸騰させてください。

②フライパンにサラダ油をひいて、
強火で牛肉全体に焼目をつけます。

③牛肉に焼目がついたら、ラップで包みジップロックなどのビニール袋へ。

お湯の中に入れるので、
水が入らないようジップロックは二重にしましょう。

④お湯が沸騰したら、
ビニール袋に入れた牛肉のかたまりを鍋に入れ煮込みます。

⑤3分経ったら火を止め、
落し蓋などをし牛肉が浮かばないよう押さえます。

⑥約20分放置し、袋をとりあげ冷ましたら完成!

★ソースはフライパンで全ての調味料を温めて完成

▼ローストビーフを作る時に気を付ける事は?

ローストビーフを作るとき、
気をつけることを2点にまとめてみました。

①調理の前、常温に戻す

冷蔵庫から出してすぐ加熱してしまうと、
長時間の過熱が必要になってくるので、
焼時間が長くなり表面に火が入りすぎ肉汁が失われてしまいます。

②表面は高温ですばやく焼く!

表面は焼目をつけるとき高温ですばやく焼くことで
旨味を残した調理をすることができます。

▼作るのをあきらめて買おうと決めた方へのオススメはこちら!

画像4
やっぱり時間をかけて作るのは無理そう…
そんなあなたにオススメ商品が!

ネットで頼むことができてとても便利ですよね!

クリスマスの食卓を賑わせてくれるローストビーフたちをご紹介します!

柔らかく、お子さんや、お年寄りとも一緒に楽しめるローストビーフです!

□国産で安心!黒毛和牛のローストビーフです。

いかがでしたか?

通販サイトを開いてみるとたくさんのローストビーフたちが出てきます。

皆さんもご家族の“カタチ”に合ったローストビーフを見つけて、
賑やかで楽しいクリスマスを楽しまれてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ