クリスマスにローストチキン!簡単レシピを紹介!最後の頼みは通販で

いよいよ12月。

クリスマスまであと少しになりましたね。

クリスマスはケーキにお酒にご馳走を楽しむ日でもあります。

もちろんローストチキンを食べるゾ!という方も多いのではないでしょうか?

そこでローストチキンの簡単レシピについてご紹介していきます。

最後の頼みは通販で!という方もご安心ください!・・・載ってますよ!
画像1

スポンサードリンク

▼なぜクリスマスにローストチキンを食べるのが定番になったの?

画像2

そもそもアメリカではクリスマスに七面鳥を食べますよね。

今ではローストチキンを食べることが主流になっていますが、
明治時代などは欧米の文化が伝わり七面鳥を食べてパーティをすることがあったのだとか。

ではなぜ日本でローストチキンを食べるようになったのでしょうか?

そこにはケンタッキーフライドチキンとの関係が深くあるようです。

1970年代から日本で人気になってきたKECは
「クリスマスにフライドチキン」ということでうたい始め、
クリスマスにチキンを食べるという習慣ができあがってきたようです。

▼材料の骨付きモモは1本単価で幾らくらい?お店で出来上がっているものを買うのと幾らくらい違う?

画像3

今年はローストチキンを作ってみようかな?と思い立ったとき、
気になるのはもちろん作り方ですが、
買うのと作るのだったらどっちが安いの?!
というところも気になるポイントですよね!

そこで簡単なレシピと併せてご紹介していきます。

ローストチキンレシピ
□材料(二人用)
骨付きモモ  2本
赤ワイン   50ml
みりん    大さじ2
マヨネーズ  小さじ1
にんにく   小さじ1

①ビニール袋に調味料全てと骨付きモモを入れてしっかり揉みほぐします。

味をしっかり浸透させるために、冷蔵庫で約2時間寝かせておくことがポイントです!

②オーブンに入れ190℃で40分から45分程度しっかりと焼いてください。

③①であまった調味料を漬けダレにするためフライパンでしっかり温め、
焼いたチキンにかけて出来上がり!

★このような流れで下準備を合わせて、
全て作り終わるまで約4時間は時間をとっておくことがオススメです。

★骨付きモモはブランドによってもそれぞれですが、
1本約400円程度が多いようです。

国産のブランド鳥などはまだ価格が上がりそうですよね。

≪お店で出来上がっているものを買うと幾らくらいのものがあるの?≫

出来上がっているものだと3本セットで3000円など、
1本約1000円で手に入るようです。

そして温めるだけですぐに食べれちゃうところも魅力のポイント。

サイズ感もしっかり大きく、
本格的なローストチキンが楽しめそうですよね!

価格で比べてしまうと、もちろん手作りのほうがお手頃ですが、
調味料の代金を含めるとあまり大差のない金額です。

時間をかけずに購入するというのも1つの手ですよね。

▼作るのは諦めて買おう!そんなあなたにオススメはこちら!

画像4

国産で安心! やわらかくて美味しいと人気のある商品です。

□こちらも国産です!毎年完売するという人気商品!

▼クリスマスに近くなるにつれて骨付き鶏モモ肉も出来上がりのローストチキン買えなくなってくる恐れがあるのだが・・・・どうしたらいい?

クリスマス付近になるとローストチキンを買う方も増えてきますよね。

絶対食べたいから必ず確保したい!

そんなあなたにお勧めの方法をご紹介いたします。

≪いつごろまでに買えばいい?≫
クリスマス当日に食べたけど、
いつ買えばいいんだろう?と悩んでいるあなた!

コンビニ等で予約する方は12月中旬から予約を開始しているので、
早めの予約をオススメします。

お目当てのお店をチェックして、
早めに予約期間の把握をしておくといいですよね!

予約日によって引渡し日も変わってくるようなのでチェックが必要です。

≪早めに買って(作って)冷凍しておくことは可能?上手な温め方は?≫

購入した(作った)けど
クリスマス当日までどうやって保管しよう…そんなあなた!

ローストチキンはもちろん冷凍保存できます。

サランラップでしっかり包んで冷凍しましょう。

そして温める際は、レンジでまず解凍と温めをし、
焦げないようにアルミホイルで包んだ後
トースターで皮をカリッと焼くのがオススメですよ。

いかがでしたか?

クリスマスを家族で過ごされる方、
恋人と過ごされる方、特別な方と過ごされる方様々だと思います。

温かく美味しいローストチキンを準備して、
是非素敵なクリスマスを過ごしてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ