スノボのバッグ特集!自分の車で日帰りする時のおすすめは?

ついに冬本番!気温も下がって寒い日が続いています。

雪も本格的に降り始め、
ついにスノボの季節到来ですね。

毎年絶対行くよというあなたや、
今年はじめて行くというあなたに!

日帰りするならどんなタイプのバッグがいい?

おすすめスノボのバッグ特集をご紹介していきます。
画像1

スポンサードリンク

▼なぜ板を入れるバッグ(カバー)が必要になる?

画像2
そもそもなぜ板を入れるバッグが必要なのでしょうか?

バッグがなくても持ち歩けるのに…
と思う方も多いのではないでしょうか?

ボードは裸で持ち歩くと、
せっかく普段手入れをしているのに傷がついてしまう、
汚れがついてしまう、他にもボードが人にあたって
怪我をさせてしまう可能性もありますので、
ケースに入れることがオススメです。

▼スノボを入れるバッグにはどんなタイプがある?

一概にスノボケースといってもタイプは様々です。

そこでハードケースとソールカバーの
二つに分けて特徴をまとめてみました。

≪ハードケース≫

画像3
ハードケースはスノボがビンディングをつけたままで
収納できるところが最大の特徴です。

公共交通機関で移動される方は、ブーツやウェア、
必要なものを全てまとめて収納してしまえるところも魅力のポイントです!

≪ソールカバー≫

画像4
ハードケースよりも軽くスマートに持つことのできるソールカバー。

ブーツやウェアは他のバッグに入れて行動しなければならないですが、
荷物の重みを分散することができるので
女性でも工夫して持ち運びがしやすくなりますよね。

▼以下のシチュエーションでどっちが向いている?理由は?

ケースやカバーを選ぶ時、
シチュエーションごとにどのようなタイプが向いているのでしょうか??

そこで、3つのシチュエーションに分けて
オススメのタイプをご紹介していきます。

①自分ので移動する場合(日帰り)

自分の車で移動する場合は、ソールカバーがオススメです!

特にニットのソールカバーで通気性をよくし、
傷も防ぐことができたら一石二鳥ですよね。

日帰りなので、着替え等も少なくてOKなのでソールカバーとは
別でスポーツバッグ等にウェアやブーツ、
タオルや簡単な着替えを準備していくといいですよね!

人の車に乗せてってもらう場合(日帰り)

人の車に乗るとき、気をつけなければいけないことは
荷物がかさばらないことと他人の車を傷つけてしまわないことです。

この場合ハードケースだと荷物が幅をとり、
大人数だと積めなくなる可能性があります。

なので、ソールカバーで移動し、
車に荷物を収納しやすくするのがオススメです!

電車やバスツアーで行く場合(日帰り)

電車やバスでの移動では、ハードケースがオススメです。

特にバスでの移動の際は内側にクッション性のあるハードケースを選び、
傷がつかないように心がけましょう。

前の項目で少しお話ししましたが、
ハードケースはブーツやウェアをひとまとめにできるため、
長距離移動の際は荷物がまとめられて魅力的です!

最近ではキャスター付のものもありますので持ち運びにも便利です。

▼おすすめのハードケースを3点ご紹介します!

□シンプルなデザインで、
背負うことができるところも魅力的です

 

濡れたボードをしまってもしみることのない素材が嬉しい!

 

キャスター付で移動もしやすいところが魅力的

▼おすすめのソールカバーを3点ご紹介します!

ビンディングをつけたまま持ち運べる便利なソールカバー

 

□ニット素材で通気性抜群

カラフルな配色もテンションが上がりますね

 

通気性・吸水性抜群なのはこちら!

いかがでしたか?

みなさんスノボに行くシチュエーションは様々だと思います!

その時にあったスノボケースを見つけて、
是非ウィンタースポーツを楽しんでみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ