お歳暮を贈る前に知っておきたいこと!時期は?期間は?マナーは?

う秋になり葉の色がところどころで変化しているのが見られますね。冬になればお歳暮の準備をしなければなりません。皆さん当たり前にお歳暮贈っていると思いますが、その意味やマナーについて深く考えたことがありますでしょうか。ここでは意外と知られていないお歳暮について、その時期マナーをご紹介します。

スポンサードリンク

 お歳暮とは?

まずお歳暮の意味について考えてみましょう

お歳暮とはそもそも年(歳)の暮れ、つまり年末という意味があります。
これは年の暮れに一年間お世話になった相手に贈り物を持参して回る、歳暮回りと呼ばれる習慣によって、その贈り物にお歳暮という名が付いたと考えられています。

お歳暮①

現代となってはどんな相手に贈るものなのでしょうか?

親族や仲が深く日頃お世話になっている相手にはもちろんですね。
最近では子供のお稽古の先生、上司や先輩、新婚であれば実家同士で贈ることもあるようです。
基本的に贈ってはいけない相手というものはありません。
しかし学校の先生や一部の企業ではお歳暮を贈り合うことを禁じているようなので、注意が必要です。
喪中の相手でも感謝を示すものなので贈って大丈夫ですが、初七日のうちや法要の日は避けましょう。

 お歳暮を贈る時期は?

お歳暮を贈る時期として好ましいのは12月上旬から20日頃にかけてです。
しかしもしうっかりその時期を過ぎてしまった場合は、「寒中見舞い」として贈ると良いでしょう。

本来お歳暮は自身で持参していくものですが、最近では忙しさからか宅配で送るケースも増えてきているようです。
持参していくのであれば、ちゃんと相手の迷惑にならない時間帯を選び、長居するつもりなのであればきちんと相手に連絡を入れておきましょう。
渡すときはちゃんと風呂敷を解き、もしくはきちんと紙袋から出し、のしが相手からまっすぐに見えるように差し出しましょう。

やむを得ず宅配で贈る場合には送り状をお歳暮が届くのと同時(同封)に、もしくは少し早めに届くようにしておきましょう。
送り状には日頃の感謝の言葉と共にお歳暮を送ったことを記しておくことをお勧めします。

お歳暮②

どんなものを贈ればいい?

お歳暮の選び方として鍵となるのが先方の好み、家族構成、季節、そして特産物です。
子供がいる家庭であれば子供も大人も楽しめるようなものを。
季節や特産物に合わせたものを贈るのもOKです。
嗜好が分かれやすいものは、先方の好みをきちんと把握してから送りましょう。

一般的に保存が効かないものや、インテリア、アクセサリーなどの趣味に関するものは迷惑になりがちなのでNGです。
お歳暮の予算は平均的に三千円~五千円と言われています。

毎年贈るものに困るのであれば同じものを贈るというのも、相手が自分を覚えやすいのでお勧めですよ。

お歳暮③

 

毎年お世話になる方々にはきちんとマナーに沿って感謝を伝えたいですね。今年ももうそろそろ寒くなってきます。今年のお歳暮は何にしようかしら?

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ