バイクに乗るならリュック?メッセンジャーバッグ?双方のメリットデメリットを紹介!

ツーリングや街乗り、普段の買い物など
バイクを使用するシーンはいろいろあります。

バイクの場合、クルマ(4輪車)と違って荷物を積む場所がありません。

ツーリングや遠乗りをよくするライダーなら
タンクバッグやテールバッグという選択肢もありますが、
普通に街乗りが多いライダーには邪魔なだけです。

では何か収納するのにはどんなバッグ
いいでしょうか?

今回はメッセンジャーバッグリュックを比較してみました!
双方のメリット・デメリットを紹介していきます♪

スポンサードリンク

▼リュックorメッセンジャーバッグ

肩から掛けるバッグとしては
リュックとワンショルダーのメッセンジャーバッグが
良く使われているようです。

双方ともメリット、デメリットがありますので
いろいろな角度から検証してみたいと思います。

まず、リュック・メッセンジャーバッグそれぞれの特徴を見ていきましょう。

▼リュック

画像1

もともと登山や山歩きのために作られた背中に背負うバッグ。

両肩に過重が分散されるので疲れにくい。

防水加工の素材などで出来た本格的なものも多い。

▼メッセンジャーバッグ

画像2

自転車で荷物を運ぶメッセンジャーが使っていたことから付いた名前。

ワンショルダーなのでどちらかの肩に負荷が偏る。

小さなものから背中一面を覆う位大きなものもある。

▼荷物の量

★リュック

けっこう入る。

但しノートPCなど四角いものは苦手かも。

★メッセンジャーバッグ

物にもよるが入る量は少ない

嵩張るものはNGか?

▼安定感

リュック

両肩で支えるので安定する。

前側の胸やウエストにベルトが付いているとベスト。

★メッセンジャーバッグ

基本ワンショルダーなので片方の肩に負担がかかる。

肩ひもが太いタイプは比較的安定。

▼荷物の出し入れ

★リュック

荷物を取り出すには一度肩からおろさないといけない。

つまりバイクを止めないと取り出せない

★メッセンジャーバッグ

ものにもよるがクルっと体の前に回せば取り出せる。

細かい仕切りが付いているタイプが便利

▼ビジュアル

★リュック

どちらかと言うとあまりカッコイイとは言えない?

もちろん好みによる・・・かも。

★メッセンジャーバッグ

収納力に目をつぶればスタイリッシュなものもあり

小さいものはそれなりにオシャレか?

▼使い分けシーン

★リュック

ツーリングや買い物などで使えそう。

★メッセンジャーバッグ

近場のお出かけ、チョイ乗りくらいかも?

▼通販で探す

オシャレな大き目リュック。

チェストベルトとウエストベルト付きで安定感バツグン

シンプルでカジュアルなマンハッタンポーテージのメッセンジャーバッグ。

見た目よりタフで撥水性もある素材でできています。

ショルダーやボディーバッグとしても使えるリュック。

帆布素材。

かなり大き目のメッセンジャーバッグ。

タイヤチューブや撥水ナイロンを使った防水加工で、
ショルダーベルトも太め。

▼どちらが好み?

リュックとメッセンジャーバッグ、
どちらも長所・短所あり甲乙付けがたいです。

何を基準にして選ぶのかが重要です。

収納力か?ビジュアルか?

使うシーンなのか?使い勝手か?

お気に入りのバッグを見つける際の参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ