親族の結婚式に出席する女性必見!弟・妹・年下いとこの式に合った服装は?

親族の結婚式ってそうそう出席する機会はないですよね?

特に若い女性
にとって、
自分より年下の親族となると妹・弟か従妹・従弟に限定されます。

最近は結婚しない、
あるいは晩婚(?)の女性が増えているので想定内なのかもしれませんが・・・

ところで結婚式と言えば出席する際の服装ですが、
男性なら「礼服」があればほとんどの冠婚葬祭が
カバーできますが女性はそういうわけにはいきません。

そこで年少の親族の結婚式にふさわしい服装のまとめです。

こんな服はNG!や、親族の式で人気NO.1のドレスの色など、
また久しぶりに会う親戚の人たちに
好印象を与えるようなドレスって?などいろいろリサーチしてみました。

スポンサードリンク

まずは基本から

ウエディングドレスまがいの白いドレスや、
喪服なの?!っていう感じの真っ黒のドレスがNGなのはいうまでもありませんが、
花嫁より目立ってしまうような派手なドレスはたとえゲストであろうとも非常識なものです。

また、あまりにケバケバしいアクセサリーや網タイツ、
極端なミニスカートなどもヒンシュクを買うだけですのでやめましょう。

まして親族であるなら控えめで上品な服装を心がけたいですね。

おすすめコーデの具体例

花嫁・花婿にとって年長の親族ですから、
落ち着いた上品なコーデをイメージすれば間違いないと思います。

実際に親族の式に出席する女性に人気のドレスの色は・・・

ネイビー・ベージュ・黒 だそうです。

たしかに上品で落ち着いた清楚なイメージにピッタリですね。

たとえば年少の親族であればピンクやパステルカラーなどの
明るい色も場を華やかにする意味では良いチョイスかも知れません。

しかし年長の親族であれば少し大人びたコーデで
親戚のおじさん・おばさんに「おや!大人になったね!」
と思ってもらえるようなドレスがいいかもしれません。

画像1
少し明るめネイビーのシンプルなドレス

肩口のお花のアクセントがカワイイですね。

肩は隠れていますが露出が気になるならボレロを羽織りましょう。

画像2
光沢のある素材が上品なベージュのドレス。

ノースリーブなので黒など
濃い色のボレロを羽織ると式や昼の披露宴でもOKです。

欲を言えば、足元はつま先が見えないパンプスがいいかも?

画像3

黒づくしだと地味で暗いイメージになりますが、
白のレースのボレロを羽織ると華やかになり、
なお且つ上品で清楚な雰囲気も・・・

小物も大事

アクセやバッグ、靴もけっこう重要です。

たとえば足元、カジュアルなサンダルや派手なゴールドのミュール、
膝まであるブーツなどはやめておいた方がよいかも・・・

バッグやアクセサリーも然り。

こんなドレスや小物はいかが?

シンプルだけれどオシャレなラッフルドレス

ラッフルはフリルよりヒダの幅が大きいものだそうです。

シフォン素材のバイカラードレス

大人っぽさの中にもカワイイ雰囲気もあります。

真珠ネックレス

真珠ネックレス
価格:24,800円(税込、送料込)

パールのネックレスはひとつあるといろいろなシーンで使えます。

パーティーバッグ

パーティーバッグ
価格:5,940円(税込、送料別)

定番のクラッチバッグ

チェーンは取り外し可能。

ヘアアクセもパールでゴージャスに。

あまり大きくないバレッタが大人っぽい。

いかがでしたでしょうか?

冠婚葬祭ってマナーやルールがいろいろあって、
お祝い事は特に気を使いますね。

親族はホストな立場なだけになおさらです。

そんな中でもオシャレを楽しむのはやはり大事ですよね!

シックな装いの中にもキュートを少し取り入れて
「オトナかわいい」のもアリですよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ