バイクツーリングおすすめスポット愛知!おすすめのグルメは?

今は梅雨の真只中で、何とも、ジメジメとうっとうしい日々ですが、
もう少しすると、カンカン照りの青空に、
海へ山へとでかける方も多いでしょう(・∀・)!

私は○ルサンを炊きますよ(´д`)。

そんな折、アウトドアの代表格といえる、バイクツーリングの話を
しましょう!となりましたので、今回は、愛知県をターゲットに、
おすすめのスポットやグルメを、紹介しようという訳です。

愛知県は、青い線の辺りで、文化や人柄の違いが、
とてもハッキリ分かれる、本当に珍しい県です。

画像1

☆愛知県って、どんなところ(・∀・)?

といった所で、じゃあ愛知県は何があるの?と思われる方も、かなり
多いでしょう。そこで先ずは、他県の方が、愛知県でぱっと思い付く
場所とすると、こんな感じでしょうか。

※愛知県の主な名所案内(´д`)

・名古屋城:名古屋市の都市中心部に位置する、言わずと知れた、
日本を代表する城の一つです。東に少し行くと、近頃、刀剣で
人気がでてきた、徳川美術館があります。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

岡崎城:こちらも名古屋城と同様に、非常に人気が高い城で、
春の花見と夏の花火は、全国的にも有名です。
http://okazakipark.com/museum/ka171.htm

熱田神宮:かの三種の神器が一つ、「草薙剣」(天叢雲剣とも
呼ばれる)が祀られている事で有名な神社で、国内外から、
多くの参拝客が訪れます。
https://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

豊川稲荷:じつは東京にも、豊川稲荷の別院がありますので、
関東方面の方は、愛知県と聞いて、ここを思い浮かべる方も
多い場所です。
http://toyokawainari.jp/

伊良湖岬:島崎藤村が詠み上げた、「椰子の歌」で有名ですが、
ためしに石垣島から、毎年椰子の実を流し続けたら、平成13年
8月に、実際に届いた事があります。
http://www.taharakankou.gr.jp/event/000010.html

鳳来寺山:コノハズク(仏法僧)や紅葉、そしてあの湯谷温泉で
有名な、日本の名勝地にして、天然記念物の山です。

また本州で最も、夜空の星が見える地域でも有名です。
http://www.tees.ne.jp/~horaitosyogu/

おもな観光名所はこんな感じで、歴史に深く係わる場所が、とても
多い土地ですが、それとは別に、「名古屋めし」で知られるように、
独特の料理が多い土地でもあります。

☆颯爽とバイクを満喫したいのです(■∀■)!

そこにきて、今回はバイクツーリングがお題目ですから、街中での
信号待ちや、交通渋滞はアレですので(´д`;)、色々と考えて、
バイクでブイブイ行く、「愛知県・東三河スペシャルコース」を考案しました!

ガチで丸一日、海と山を満喫だぜ(・∀・)ヒャッハー!

そんな訳で、私が考案した「愛知県・東三河スペシャルコース」の
経路を、先ずは下記に記載しますので、本気で行かれる方は、是非
ご参考下さい(´д`)。

※「愛知県・東三河スペシャルコース」の概要(前半)

1.東名浜松西インターより、県道65号線を右折し(南行)、
道なりに直進します。新幹線の線路と東海道本線の線路を
越えると、坪井町北の信号にでるので、これを直進します。
画像2

2.すぐに見える坪井町の信号と、その次の信号を直進すると、
本当に海際の国道1号線(浜名バイパス)に突き当たるので、
豊橋・新居方面へ行き(西行)、そのまま、愛知県豊橋市へ
行きます。浜名バイパス・潮見バイパスの景色は絶景です!

3.潮見バイパスのトンネルを通過後、すぐに左の車線へ入り、
最初の信号を左折したら(ヘアピンカーブ)、長谷の信号を
右折して、国道42号線(表浜街道)に乗り、伊良湖方面へ
向かいます(西行)。

伊良湖岬の先端は絶景ですよ!
画像3

4.伊良湖周辺を満喫(・∀・)後、伊良湖岬から、国道259号線
(田原街道)に進み(東行)、豊橋市に入るまでは、
ひたすら道なりに直進します。

馬草口の信号から左に行く道は、
国道259号線が完全に通った今は、内湾に面した裏道です。
画像4

こんな感じで前半は、渥美半島と三河湾を走る形になります。

普通はこれで終わりにして、豊橋市の市街地を通過し、
国道1号線に出る場合が多いですが、
スペシャルなので、続きがありますよ(・∀・)!

※「愛知県・東三河スペシャルコース」の概要(中盤)

5.豊橋市に入ったら、天津の次にある、橋を越えた先の信号を、
左前方に進み(右は渋滞の名所です)、少し進んだ先にある、
大崎インター西の信号を、国道23号線(豊橋バイパス)に
入ります(北行)。後は、豊川を越えるまで直進です。
画像5

6.豊川を越えた直後の、豊川橋北の信号を右折して(東行)、
小坂井バイパスを通過後そのまま直進して、国道151号線
(伊那街道)に入ります。

小坂井バイパスの料金ですが、
軽車両は10円、普通車・軽自動車は100円となります。
画像6

7.国道151号線を少し直進すると、豊川稲荷の近くになる、
馬場町の信号にでますので、豊川稲荷に立ち寄る場合、ここを
左折して直進し、踏切を越えてすぐの、中央通り一丁目信号を
右折し、少し北に進むと豊川稲荷です。
画像7

8.豊川稲荷に立ち寄った場合、大型駐車場から来た道を戻って、
馬場町の信号を左折し(北行)、寄らない場合はそのまま、
国道151号線(伊那街道)を、新城市・豊川インター方面へ行きます。
画像8

一般的には、この辺で終わりにして、東名高速道路に乗って帰られる
方が多いですが、今回は奥三河も満喫するため、
この豊川インターを突っ切ります(・∀・)ヒューヒュー!

※「愛知県・東三河スペシャルコース」の概要(後半)

9.宝飯郡一宮を抜けて新城市にきたら、川田の信号を左折して、
すぐに見える、川田山田平の信号を右折し、国道151号線
(新城バイパス)に入ります。

新城市の街中は渋滞するので、
必ず(新城バイパス)を通りましょう!
画像9

10.(新城バイパス)を抜けたら、国道151号線(伊那街道)を
ひたすら直進します。途中、有海の信号と、本長篠駅前の、
長篠の信号を直進する所を(東行)、間違えてはいけません。

長篠から先は、国道151号線でも(別所街道)になります。
画像10

11.三河大野駅を越えて、宇蓮川の橋を渡ると、すぐ大野の信号に
でるので左折して(北行)、国道151号線を直進します。

ここから先は宇蓮川沿いに、見晴らしが良い道が続きます!
画像11

12.151号線を直進すると、「鳳来寺山」と「湯谷温泉街」の、
入り口に着きます。鳳来寺山や湯谷温泉に立ち寄る場合は、
ここを左折して、県道439号線に入ります。

ここ等で宿泊もいいですね(・∀・)!

13.国道151号線をさらに直進すると、有名な「うめの湯」の
そばを通り、名号の信号に出ます。帰る時は、ここの信号から
帰りますが、それは後述するとして、今回の最終目的地である
「スターフォレスト御園」へと、国道151号線を直進です!
画像12

14.国道151号線を直進すると、本郷の信号にでるので、ここを
右に入り県道74号線を進みます。途中、ガソリンスタンドを
通過後の三叉路を右折して(ヘアピンカーブ)、その先の、
「山のれすとらんさかた」の十字路を左折です(´д`)!
画像13

15.すぐに見える、新橋北の信号を直進して少し進むと、交番が
ありますので、その先の三叉路を右折し(ヘアピンカーブ)、
さらに県道74号線を進み、「そば処茶禅一」の看板を目印に進みます。

峠道をこれでもかと満喫出来ますね(・∀・)!

16.「そば処茶禅一」がある集落に着いたら、そこから少し進むと
三叉路右側の、県道504号線に入ります。心配せずとも、
「スターフォレスト御園」の看板があるので、安心です!

17.県道504号線を道なりに進むと、細い三叉路ですが、確かに
「スターフォレスト御園」の看板が見えますので、
道なりに進めば到着です!

「スターフォレスト御園」で一泊をして、
本州一とされる、満天の星空を観賞して下さい!

・・・とまあ、まさしくスペシャルに相応しい、物凄い走路ですが、
バイクツーリングの知識と経験が、本当に問われるコースですので、
最初の内は、豊川インターから帰る形にして、慣れて来たら、さらに
奥三河へ行くのが良いでしょう。

☆所要時間はどれ位でしょうか?

ここで気になるのが、経路の所要時間ですが、
大体ですが、下記の感じになります。

ただし、時間帯によっては、渋滞する箇所が幾つか
ありますから、オススメの走路時間を記載しますので、
事前に確認をしておきましょう。

※オススメの走路時間帯(うまく渋滞を避けられる時間帯です!)

・浜松西インター6:00着→浜名バイパス・坪井IC6:30着
→長谷信号7:00着→伊良湖岬(途中寄る場合)10:00着
→福江街中10:30着→大崎インター西信号(福江で昼食等、
二時間休憩の場合)13:30着→豊川橋北信号14:00着
→豊川稲荷14:30着→川田山田平信号16:00(一時間
豊川稲荷に寄る場合)着→長篠信号16:30着→湯谷温泉入口
16:50着→名号信号(鳳来寺山・湯谷温泉に、二時間寄る
場合)19:10着→本郷信号19:40着→スターフォレスト
御園20:30着

となりますが、いやはや、「スターフォレスト御園」まで行くのは、
本当に上級者だと思えてきました(´д`;)。

そんな貴方は、まさに「ほしをみるひと」と言えるでしょう(☆∀☆)!

☆帰りの道は、どこを通りますか(´д`)?

さて、ここまで奥地に来た所で、帰り道は?と思われるでしょう。

数年前までは、このコースを勧められなかった理由に、
この帰り道があったのです。

ところが近年は、三遠南信自動車道ができた結果、前述した、名号の
信号から鳳来峡ICへ行き、三遠南信自動車道に乗って、浜松いなさ北
料金所経由で、新東名高速道路へ行けるようになりました(・∀・)!

今後は、東栄ICが出来る予定なので、さらに便利です!

動画は下に降りていますが、新東名高速道路に乗る場合は直進です。
https://youtu.be/wSPGFwJcf2o

☆オススメのお店を教えて下さい(・∀・)!

長々とルートの説明をしたところで、最後になりましたが、
絶対にここは行くべき、オススメのお店を紹介します!

本当に、レベルが極めて高い店ばかりですので、
行って驚かないようにしましょう!

※オススメのお店・渥美半島周辺

笑楽豚工房(わらとんこうぼう):じつは、渥美半島は畜産が
盛んで、その渥美の肉をふんだんに使った、ハムやソーセージが大人気です!
http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000163.html

とこはる:国道42号線・表浜街道は赤羽根港の少し先にある、
お値打ち価格で、本当に絶品な、季節の魚介料理を食べられる、
海の有難味を感じられるお店です!
http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000186.html

ポセイドン:保美の信号を、北に進んだ先にある喫茶店ですが、
お値段の割に、ボリュームが物凄ければ、味も凄く良いので、
地元の人は、行く事が多いお店です!
http://r.gnavi.co.jp/ek4nf8ds0000/

福寿庵:福江町の街中にある蕎麦屋さんですが、お手頃価格で、
味もボリュームも満点な食事ができます!

オススメは、大粒のアサリがたっぷりの、「磯おろし」です!
http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000202.html

Sweets&Gelateria Baroque(バロック):渥美の新鮮な牛乳と、
卵をふんだんに使ったお菓子は、是非ご賞味戴きたい一品です!
http://www.taharakankou.gr.jp/spot/000165.html

※オススメのお店・豊川稲荷周辺

おきつね本舗:今では「おきつねバーガー」で知られますが、
個人的には「五目稲荷」・「わさび稲荷」・「みそかつ稲荷」がオススメです!
http://r.gnavi.co.jp/8tj4g4b60000/?sc_lid=RS_todetail_shopname

門前そば山彦本店:豊川稲荷に来たら、
ここに寄るのが定番のお店です!

これも定番といえる、「いなほ寿司」がオススメです!
http://r.gnavi.co.jp/bun1wkey0000/?sc_lid=RS_todetail_shopname

そば処山科谷川店:蕎麦の好みは人それぞれですが、
このお店は、
蕎麦もうどんも味がよいのでオススメです!
http://r.gnavi.co.jp/c277kse70000/?sc_lid=RS_todetail_shopname

喜楽:宝珠饅頭で有名な喜楽ですが、じつは豊川稲荷への仕出しも
していまして、その関連で食堂もしています。

少し中に入るので、以外と知られませんがよい店です!
http://r.gnavi.co.jp/erd1j13k0000/?sc_lid=RS_todetail_btn

※オススメのお店・奥三河周辺

プチメール:新城バイパス沿いにある喫茶店です。

スイーツとコーヒー・紅茶が充実していますので、
本当に、午後の休憩には凄くピッタリな場所です!
http://r.gnavi.co.jp/emkmpdns0000/

鳳来館:大正時代に建てられた、歴史がある建物が特徴の、
凄く洒落た喫茶店です!

店内の雰囲気も素晴らしく、香り豊かで味が
よいコーヒーを提供してくれます!
http://r.gnavi.co.jp/hc0znv050000/?sc_lid=RS_todetail_btn

おかめ茶屋:五平餅で凄く有名なお店です!鳳来寺山と共に、
是非立ち寄って下さい!
http://r.gnavi.co.jp/babcw2100000/?sc_lid=RS_todetail_shopname

COFFEE神戸館:個人的に一番オススメの喫茶店で、目の前を流れる
渓流を眺めつつ、絶品のコーヒーと蕎麦を頂きましょう!
http://itp.ne.jp/shop/KN2300060600576294/

スターフォレスト御園:今回の最終目的地にして、最果ての地と
呼べる、バイクツーリング最後の地に相応しい施設です。

事前の予約が必須ですが、是非とも、宿泊者のみができる夜間観測と、
美味しい奥三河の食事を楽しんで下さい!
http://www.town.toei.aichi.jp/koukyou/?p=1548

☆あとがき

いかがでしたか?

今年の夏は、是非このコースを廻って、充実した、
バイクツーリングを楽しんで下さい!

と言いますか、実践して動画を挙げて欲しいと、
これを書いていて思いました(´д`;)。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ