レディース水着の選び方特集!胸の大きいのを隠すには?

大きい事は、いい事ですか?

新緑が爽やかな季節を過ぎれば、いよいよ夏本番ですね!

私は冷房が効いた部屋に籠りますので、
皆さんは、サマーシーズンをエンジョイして下さい(´д`)! 完

はい?「私は胸が大きいから、大きい女性向けに、レディース水着
選び方を教えて下さい。」ですか?

海外での巨乳基準は40インチですから(昔ネトゲで知り合ったフランス人談。
1インチの尺度は、2.54cmです)、多くの方は、そんなに気にしなくていいです。

これだけ堂々とできれば、清々しいですけどね~(´д`)。
画像1

スポンサードリンク

☆胸が目立たないようにしたいんです(>_<)!

とはいっても、自分に合うサイズが中々ない、人目が気になる等、
コンプレックスを抱く女性も多いでしょう。

そこで今回は、比較的胸がある女性向けに、
水着選びのポイントを説明したいと思います。

普通に考えれば、いわゆるビキニは、ボディラインが出るので、当然
NGとして、基本的な事を抑えるとすれば、服装全般に言えますが、
自分がコンプレックスのある箇所を、バランス良く見せる事が重要
といえます。

つまり、胸が大きいと思うなら、
胸を強調させないコーディネイトを心掛ける訳です。

☆どんなコーディネイトがいいの?

では具体的な話として、「胸を強調しない」ために重要な事ですが、

・トップとボトムで変化を付ける

・ヘアスタイルや履物も含め、全身のバランスを考える

・気になる箇所を強調しない

・色目や絵柄の目立つアイテムを、気になる箇所以外で使う

といった事があげられます。基本的な話ですが、黒系統の暗色は、
装着した箇所を引き締めて見せますから、トップを黒系統の色に
して、ボトムを別の色にするだけでも、印象がかなり変わります!

色合いを選ぶだけでも、かなり見た目が変わります。
画像2

それと、バストがはみ出すと、同性異性を問わず、
自ずと視線が行きますから(ビキニがNGなのはこれが理由です)、
しっかりとカップサイズを合わせた(これが意外とできない方が多いです)、
水着選びが重要です。

国内と海外では、数値とサイズの表示が違うので、要注意です。
画像3

国内は2.5cm毎ですが、海外は2.54cm毎で計ります。
画像4

☆他に気を付ける事はありますか?

お勧めの水着としては、ホルターネック系ですと、
割と胸が綺麗に収まります。

安定性を考えると、ワイヤーが入った物がよいです。

バストが小さめな女性は大きく見えて、
大きめな女性はスマートに見える、
なんとも不思議な水着です(´д`)。

ホルターネックはバストを隠して、
しっかり支えるので便利ですね!
画像5

胸元が少し開いても、色合いによっては、
それほど目立ちません。
画像6

こちらの例では、胸元はシンプルな黒に、周りが目立つ柄なので、
バストが強調されないのです。
画像7

逆にフリル系あるいは、アンダーラインにレースやギャザーを用いた
水着は結果として、胸に視線が行きますから避けましょう。

パフスリーブ系の場合も半袖ですと、
バストラインを強調する事になるので、選ぶ場合は要注意です!

バストラインを意外と強調するのが、パフスリーブ系です。
画像8

その他には、胸の周りにフリル、花柄やボーダー柄、
ワンポイントのアクセサリー等はさけましょう。

また白系統の色合いも胸を大きく見せますから、これらもNGです。

上記の注意点を参考にして、夏に備えて水着を選びましょう!

☆探したけど、なかなか見付かりません(>_<)!

とはいっても、バストサイズが大きい水着は、
なかなか見付からない事も多いですよね~。

そこで!この夏お勧めのアイテムを、
パパッと紹介しちゃいます!

シンプルなデザインでバストを強調せず、
凄くリーズナブルですね!

こちらは、全体の体型をカバーしつつ、さりげなく着こなせるので、
色んな場面で着る事ができます!

他と比べて少しエレガントな、サロペット型の水着です。

この商品はラッシュガードの役目も持つので、
大変便利ですね!

この商品は、ネイビーストライプが鮮やかな、水着セットです!

トップとボトムのセットで、とても使いやすいでしょう!

☆あとがき

いかがでしたか?今年の夏は視線を気にせず、
海やプールに出掛けて夏を満喫しましょう!

その頃私は、エアコンがしっかりと効いた、
割とクールな部屋で、夏を満喫させて貰います(´д`)。

「レディース水着の選び方まとめ記事!胸の大きい人・小さい人・肩幅が気になる人必見!」に
関連するまとめ記事を特集しましたのでごらん下さい
レディース水着の選び方まとめ記事!胸の大きい人・小さい人・肩幅が気になる人必見!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ