ロードバイクメーカー「弱虫ペダル」登場人物が乗っているのはコレ!

弱虫ペダル

なかなか斬新なタイトルですね。

今、人気のロードバイクのアニメです。

しかもなかなか変わったアニメのようで、
子供でなくても見る大人が増えています。

では、この謎めいたアニメを解説してみます。

スポンサードリンク

「弱虫ペタル」ってどんなアニメ?どこが人気?

弱虫ペダルとは、
自転車競技」を題材にした本格的なスポーツ漫画で、
作者は「渡辺航」さんです。

累計発行部数は、
850万部を越えている大人気の漫画です。

この変わったタイトルの由来は、
作者が自転車に乗るときに、
軽いギアで回転数をあげてクルクル回す乗り方を
「弱虫ペダル」と自分で名付けたものをタイトルにしたそうです。

2013年からはテレビアニメも放送開始になりました。

人気の理由は、
高校にただ自転車通学している子が
自転車競技部に入部して汗を流す青春ストーリーという部分もありますが、
登場人物のキャラの強さが一番の魅力のようです。

しかもその濃いキャラクターが絶妙な交錯を見せるところがツボのようです。

その片鱗を少し試食程度という感じで動画を貼っておきます。

アニメのオープニング動画です。

登場人物と、乗っている自転車って何?

この漫画には、
「総北高校」と「箱根学園」の二つの高校が舞台になっています。

ではそれぞれのメンバーを紹介しておきます。

まずは、総北高校のメンバー「小野田坂道」。

弱虫ペダル1

名前が、「坂道」って凄いですね。

道が付く名前はありますが、
坂と合わせたものは初めて見ました。

愛車は小学生のときに乗っているママチャリでしたが、
インターハイの後にはBMCに乗り換えるという変わり者。

しかし天才的なクライマーとして描かれています。

BMCのそのモデルの自転車がこちら。

弱虫ペダル2

カデル・エヴァンスの2011年の優勝記念モデルのようです。

世界で限定141台の自転車で、
日本には7台しかないとのこと。

続いては、箱根学園のメンバーの「真波山岳」。

弱虫ペダル3

一年生のときからレギュラーを勝ち取る実力者。

まるで羽根が生えたかのように加速する特徴とは裏腹に、
ゆるい性格とのこと。

自転車大好き少年という爽やかな描かれ方が人気のようです。

愛車は白の「LOOK」です。

弱虫ペダル4

様々な登場人物と、
それに伴う様々な自転車。

漫画好きな子供たちはもちろんですが、スポ根好き、
自転車好きの大人にも火が着いた「弱虫ペダル」。

珍しいタイプの漫画の中でもさらに異質なこの漫画。

一度読んでみると、
自転車なみに加速して止まらないかもしれませんよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ