バレンタインのラッピング方法を紹介!簡単でおしゃれに!100均のアイテムも紹介!

女性にとっては一年の中でも大きなイベントである「バレンタイン
何を贈るか、手作りにするか、毎年悩むものです。

でも意外と忘れているのが、ラッピング。

中身ばかりに気をとられ、
いざ渡すときになって
「あれっ、どうすればいいんだっけ・・・」という女性は多いようです。

大切なのは気持ちですが、
その気持ちを伝わりやすくする上でラッピングは欠かせません。

いくら愛情たっぷりでも、
プレゼントが良いものでも、
グシャグシャな包装では、
見ただけで気持ちが冷めてしまいます。

そんなことが起こらないよう、
今回の記事では「バレンタインのラッピング特集」を掲載します!

簡単おしゃれにできるので、
必見ですよ〜!
100均で売っているアイテムも紹介していきます!

まずはラッピングの種類を幾つか見てみましょう。

スポンサードリンク

ラッピングの種類にはどんなものがあるの?中身との相性は?

ラッピングにおいて大切なのは、
中身との兼ね合い。

何を包むかによって、
材質もフォルムも変わってきます。

では、実践面を見ていきましょう。

クッキーや小さなチョコなら・・・

ラッピング1

中身が見られること、
グラスタイプで食べやすいこと、そしてリボン

この要素を揃えるだけで綺麗になります。

マフィンやミニケーキなら・・・

ラッピング2

中身が浮いてしまわないようにフィルムで包みます。

色を合わせるのがポイント。

生チョコなら・・・

ラッピング3

生チョコはやっぱりでのラッピングが最適。

箱の色とリボンの色の合わせだけを考えれば良いので楽です。

クッキーなら・・・

ラッピング4

たくさん作れるクッキーは作るのは比較的簡単ですが、
ラッピングは悩むもの。

シンプルなラッピングですが、
量も見た目もライトにすることで
バレンタインにありがちな重たいプレゼントから脱却できます。

と、幾つか中身との兼ね合いでラッピングを見てきましたが、
今度はラッピングアイテムそのものに目を向けてみましょう。

今は100円ショップでも十分なんです。

大切なのは、合わせ方。

ファッションと一緒です。

では、人気アイテムを見てみましょう。

100均で売っているラッピングアイテムにはどんなものがあるの?

英字新聞の包装紙を使うだけで様になります。

ラッピング5

無地のペーパーに、色ペンでメッセージ

コストは安いのに、好感度は高いです。

ラッピング6

クラフトペーバーは活用大、そして大活躍。

形も自由自在なので、
中身との兼ね合いで迷うこともありません。

ラッピング7

木製のクリップも応用がききます。

温かさも出るので、
バレンタインには必須アイテムですね。

ラッピング8

いかがですか?

100均でも十分に形になりますよね。

ポイントは、幾つか組み合わせことと、
少しだけ手を加えること。

これだけでかなり変わります。

では最後に、
シチュエーション別のラッピングも掲載しておきますね。

大勢に配るもの、義理であげるもの、
超本気のものではラッピングが変わるのも当たり前。

では具体的に見てみましょう。

シチュエーション別ラッピングを紹介!

今回は、「職場で大勢に配る場合」、
「友達同士で交換する場合」、
「義理であげる場合」、
そして「超本気の大本命」に分けて紹介します!

まずは「職場で大勢に配る場合」のラッピング。

ラッピング9

手間をかけすぎない、
でも手を抜きすぎないラッピングです。

袋に入れて口を閉じるだけです。

袋の柄と、
リボンの色の配色だけ考えれば可愛く仕上がります。

続いては、「友達同士」で渡すときにラッピング。

ラッピング10

友達同士のときは、職場と違って個性を出したいもの。

包装紙、リボン、シールに変化をつけたり、
面白いものを使ってみましょう。

そして「義理」であげるときのラッピング。

ラッピング11

大切なのは義理であることが分かりつつ、
勘違いさせないこと。

シンプルが鉄則です。

では最後に、
大本命」に渡すときのラッピング。

ラッピング12

彼氏に渡すのか、
彼氏にしたい人に渡すのかによって異なりますが、
基本コンセプトは、
「センス」の良さを大切にすること。

どうしても見た目の豪華さや、
かわらしさに重点をおきがちですが、
センスを表わすほうが男性にとっては良いのです。

重たい女は嫌われます

ラッピングも重たいものは男性には不人気なのです。

男性が渡されても恥ずかしくないラッピングを意識しましょう。

もちろんシンプルすぎては気持ちも伝わらないので、
豪華の一歩手前で止める気持ちでいましょう。

 

 

さてさて、いかがだったでしょうか?

バレンタインは中身のセレクトも悩みますが、
贈る物の範囲はそれほど広いわけではありません。

でもラッピングはかなりの種類があるので、
迷い出したらきりがありません。

さらにいえば、素敵なラッピングを決めて、
そこから中身を決めるというのもセンスのある方法。

彼の心も愛情で包めるように、
ラッピングのセンスを磨いて渡しましょう。

良い結果を得られることを心から願っています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ