バレンタインは手作りで!簡単レシピでにマフィンはいかが?ラッピング紹介!

突然ですが、「マフィン」と「カップケーキ」の違い、分かりますか?

最近は「パンケーキ」と「ホットケーキ」など、
微妙な違いのものが人気を集めています。

実はバレンタインでも、マフィンは人気。

チョコレートが定番ですが、甘いものが苦手な男性も多いので、
マフィンがチョコレートを押しつつあるようです。

男性からすると、「またチョコか・・・」という気持ちがある中で、
ちょっと変わったマフィンがくると、
「おっ!」という感じで、自分に注目させることもできますよね。

今回の記事では、そのマフィン特集です。
手作りマフィンの簡単レシピを紹介します!

ラッピングも写真付きで解説しているので、
初心者の方でも安心してできますよ。

では、まず冒頭に書いた「マフィン」と
「カップケーキ」の違いから確認しておきましょう。

スポンサードリンク

「マフィン」って何?「カップケーキ」との違いは?

簡単にいえば、「マフィンはパン」で、「カップケーキはケーキ」です。

マフィン1

マフィンは手軽で簡単に作れることから、
「クイックブレッド」とも呼ばれています。

味も、塩味が効いたものから甘いものまであります。

ジャンルで分けると、お菓子ではなく、
食事になりますが、おやつになる部分もあり、
どちらのいいところも兼ね備えているので、
人気で食べやすいのも納得です。

生地も、カップケーキは柔らかくてふわふわですが、
マフィンはしっかり感があり、食べごたえも十分です。

では作り方、そのレシピを見ていきましょう。

作り方は簡単!でも他の女子を引き離す!それがマフィンの魅力!!

お菓子づくり上手、
料理上手は男性へのアピールポイント。

しかもそれが簡単で美味しいとなれば、
スルーする女性はいないでしょう。

今回のポイントは、
あくまで男性の立場に立ったレシピです。

渡して食べてもらうのは男性。

女性らしさをアピールするのも悪くはないですが、
男性の立場に立った作り方にすることで男性の気持ちをつかむことができます。

では簡単で美味しいレシピをさっそくチェック!

外はカリッ、中はふわふわのブルーベリーマフィンを紹介します!

マフィン2

材料(5個分)

バター50g
グラニュー糖40g
卵1個
牛乳40g
小麦粉80g
ベーキングパウダー3g
ブルーベリー(冷凍)50g

作り方

1.小麦粉とベーキングパウダーは合わせてふるう。

さらにバター、卵、牛乳は常温にしておく。

オーブンは180度の予熱にセット。

2.ボウルにバターを入れて、
柔らかくなるまで練る。

そこに砂糖を少しずつ入れながら、
全体が少し白くふんわりするまで泡立て器で混ぜる。

3.溶いた卵を少しずつ加えていき、
泡立て器でしっかり混ぜる。

4.小麦粉を1/3入れてから牛乳を1/2、
さらに小麦後を1/3を入れてから牛乳を1/2、
最後に残りの小麦粉とブルーベリーを加えていき、
ゴムべらでさくさくと混ぜる。

5.スプーンを使って型に入れ、
さらにブルーベリーをのせて、
180度のオーブンで25〜30分焼く。

マフィン3

上手に焼くコツは、最後に粉と牛乳を混ぜるとき、
粉気がなくなったら牛乳を足していきながら混ぜるということ。

これで冷めてもふわふわなマフィンになります。

そして必ず分量は守ってください。

少しでも粉の分量が違うと焼き上がりは変わってきますから、
しっかり計りながら作りましょう。

では、最後に大切なラッピング。

袋がいいか、箱がいいか悩みますよね。

せっかく美味しくできたマフィン。

包むものにも工夫を凝らしてみましょう。

マフィンを渡すときのラッピングは?袋?箱?

ラッピングはバリエーションがあるので悩むもの。

袋にするか、箱にするか、
中身が見えるようにするか、見えないようにするか。

でも今回はバレンタイン用なので、
かわいらしさがありながら綺麗なラッピングを紹介しますね!

マフィン4

一見シンプルですが、
さりげなく工夫を凝らすのが上級者。

WAXペーパーを巻いた厚紙の上にマフィンを並べます。

ちなみに色の順番は、
信号機と同じ順番という繊細さ。

これをまちつきの透明な袋に入れます。

あとは簡易シーラーで袋の口を閉じ、
サイドはマスキングテープで留めます。

最後に毛糸を結んで、
シールで固定して完成。

素材はシンプル。

でも配置と配色でお洒落に。

マフィンの良さは焼き具合とフォルム。

それならしっかり見せるラッピングのほうが良いでしょう。

こんなセンスのあるプレゼントなら、
男性の心はくすぐられるどころか、
踊ってしまうかもしれませんね。

 

 

女性らしさはアピールするものではなく、
相手に感じ取ってもらうもの。

気持ちは押し付けるものではなく、
伝えるもの。

その微妙な違いが分かる女性に恋心は傾きます。

自信をもってバレンタインを迎えましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ