秋の旅行は車中泊でキャンプ気分!マナーと注意点を知っておこう!

といえば風景グルメなど、旅行に出かけたくなる要素がたくさん増えてくる時期でもあります。

宿をとって豪華な食事を楽しみながら…というのもひとつですが、せっかくの過ごしやすい気候の季節ですから、風景を楽しみながら自分の車でどこまでも行ってしまうなんていう旅行も楽しいかもしれません。

宿泊費等の節約にもなりますし、そういった意味でも注目度の高まっている車中泊にも注目して旅行の計画をたててみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 

なぜ車中泊が注目されているのか

なんといっても車中泊の一番の魅力は、時間の自由があるところ。

宿泊先のチェックインやチェックアウト、門限等の時間に縛られることなく過ごせますし、決められた朝食の時間に合わせたりせずに行動出来ます。

そして、経済面でもメリットは大きいですよね。

言うまでもなく、ホテルや民宿に泊まるわけではないので宿泊費がかかるわけではありません。

浮いたお金で旅行先でしたいことをじゅうぶんに楽しむ、などその利点は様々ありそうですね。

 

また、旅行先の道の駅や大きめの公園にある駐車場や、港など自分で場所を選んで車を停めれば、どこでも宿泊することが出来ます。

そんな場所の自由も、自分にしか出来ない旅行を楽しむことが出来そうです。

 

ですが、どこでも勝手に停めて良いということではありませんので、しっかりマナーを守って車中泊を楽しんでください。

そのマナーや、注意点についてご紹介します。

 

どんな場所が良い?気を付けることは。

郊外のそれなりに大きい公園なら、駐車場が設置、または隣接されている場所も多くあります。

同じく郊外には道の駅が設置されていることも多いですね。

トイレなどの設備もありますから、車中泊には向いている場所かもしれません。

また、多少お金はかかりますが、オートキャンプ場なども車中泊にはもってこいの場所で、おすすめしたいですね。

こういった施設は、トイレやゴミ箱などが整備されている場所も多くありますが、やはりゴミは各自で持ち帰るくらいのマナーは守って過ごしたいですね。

また、駐車制限時間等が定められている場合は、必ず守りましょう。

マナーさえ守れば楽しく過ごせる車中泊ですが、気を付けたい事もいくつか。

公園等の施設の場合、繁華街から近かったり、地元の若者の溜まり場になってしまっている事もあります。

郊外の山間部等の場合、がけ崩れ等の自然災害にはじゅうぶん注意しなければなりません。

しっかりと安全面を自分で留意して過ごすのも大事なポイントになるかもしれませんね。

また、これからの時期は夜の冷え込みも心配なので、毛布やカイロなどの寒さ対策も必要になりそうです。せっかくの旅行も体調を壊してしまっては台無しですよね。

 リンク

http://shachuhaku.main.jp/taikendan/

http://www.cartrip-beginner.info/main/hint3.html

実際に車中泊を楽しんでいる方の体験談や失敗談なども、インターネット上にはたくさんありますので、ぜひヒントにしてみたいところです。

 

車中泊に必要な物はある?

いくら経済的な車中泊とはいっても、やはり体ひとつで…というわけにいきません。

安全面や衛生面等、気を付けたいこともありますから、そんな時に便利なアイテムがたくさんあることを知っておいて頂きたいですね。

http://worklife-create.com/syatyuuhaku-hitsuyou-dougu.html

便利なアイテムをいくつか紹介してくれているサイトもありますし、必要な物を探して入手しておくのも大事な準備かもしれません。

 

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E8%BB%8A%E4%B8%AD%E6%B3%8A/-/st.A?grp=product

実は手軽に準備出来るアイテムもたくさんあります。

価格帯もリーズナブルな物が豊富に揃っていますし、一度準備出来れば今後の旅行にも役立ちそうな物が多く揃っています。

 

 

自分と向き合う時間もとれて、自由な数日を過ごすのも、素敵なリフレッシュになりそうな車中泊。

少しだけ今までとは違った形の旅行で新たな楽しみを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ