節分の由来や正しい豆まきのやり方を紹介!イワシや柊の意味は?

日本の古き風習は数あれど、
現在でも大人から子供まで行なっていのが「節分」。

をまいたり、豆を食べたり。

このように、節分=豆というイメージが多いですが、
実はけっこう奥の深い行事なんですよ。

地方によってはイワシや柊を飾るところもあるようです!
意味由来が気になりますね!

今回はちょっと掘り下げて、
節分をより雰囲気ある感じで楽しめる記事を書いてみます。

スポンサードリンク

節分はいつ?どういうイベント?

まず節分とは、暦の上での季節の変わり目のことで、
立春の前日です。

つまり基準は「立春」になります。

節分1

「節分は2月3日」となっていますが、
それは立春が「2月4日」だからです。

ということは、もし立春の日付が変われば、
節分の日も変わることになります。

「えっ、でも立春って変わることがあるの?」

そうなんです、実はあるんです!

なんと2020年を過ぎると、
立春は2月3日に変化していきます。

これは地球や太陽との関係で変わってくるんです。

というわけで、
2020年を過ぎると厳密には節分は「2月2日」になります。

意外と知らないこの知識。

けっこう使えるかもしれませんよ。

そして節分といえば、「豆まき」ですよね。

「福は内、鬼は外」と叫びながら豆をまきますが、
疫病や災いを祓う意味があります。

これは季節の変わり目に悪霊が災いをもたらすと考えられていたからです。

節分2

「なぜ豆なのか」という疑問があると思いますが、
炒った豆には鬼を打ち払い、
病気に勝つ力があると信じられていたのが理由です。

西日本ではイワシを焼いて食べるという風習もありますが、
理由は同じです。

詳しくは後半で書きますね。

というわけで総合すると、
節分には「災いや病を祓い、春に備える」というものになります。

立春と節分の関係で日付が変わることがあるというのは意外と知られていませんが、
実は節分には正しいマナーがあるということも意外と知られていません。

では、「節分における豆まきの正しいマナー」を見てみましょう。

豆まきには正しいマナーがある?

実は幾つかあります。

ではさっそく見てみましょうか。

・必ず炒った豆を使う。

節分3

節分の豆まきの由来は、
先ほど書きましたように災いを祓うことです。

由来の中で、「炒る」と「射る」をかけているので、
鬼や災いを射るために必要です。

さらに生の豆は、芽が出て縁起が悪いという意味合いもあるようです。

・必ず掛け声をかけながらまく。

節分4

「鬼は外、福は内」が通常ですが、
鬼を祭神としている寺社、
または苗字に鬼が入るという家では「鬼は内」ということもあります。

・必ず自分の数え年の分だけ食べる

節分5

こうすると風邪をひかない、
丈夫になるという言い伝えがあります。

地域によっては歳の数より1個だけ多く食べるという場所もあります。

楽しい豆まきですが、
意外と正しいマナーとルールがあるんです。

さらに東日本と、西日本では風習にも違いがあります。

では、西日本ならではの風習も見てみましょう。

イワシと柊が玄関に!

最近は少し減ったようですが、
西日本には「節分イワシ」という風習があり、
節分にイワシを焼いて食べます。

これも意味合いは豆と同じで、
イワシの焼いた煙を鬼が恐れると考えられているからだそうです。

さらに、イワシの頭と柊(ひいらぎ)の枝と一緒にして玄関に飾ります。

節分6

柊の枝はギザギザしているので、
鬼の目を刺して鬼が入ってこられないようにという意味です。

この飾りは関東でも見られるので、
西日本特有のものではありませんが、
なかなか面白い組み合わせなので、
この風習を知らない人が見たら驚くかもしれません。

動画でも載せてあったので、挙げておきますね。

動画で見ると、また個性的な見た目が際立ちます。

作り方は、イワシの頭を焼いて、
そこに柊の枝を刺すだけといういたってシンプルなもの。

飾る期間は地域によって微妙に異なりますが、
2月3日の節分から2月4日の立春までが一般的なようです。

 

最後に

ちょっと変わった節分特集でしたが、
いかがだったでしょうか。

豆だけに豆知識でしたが、けっこうためになります。

知らずに豆をまいているのと、
知っていて豆をまくのでは気分も変わるかもしれません。

ぜひ、うんちくを胸に秘めながら節分と立春を味わってください!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ