七草粥の作り方と由来を紹介!ごはんからの簡単レシピ、餅入りはいかが?

七草粥・・・聞いたことはあるけど、食べたことない、
作ったことないという方は、少ないないですよね。

今年は、新しいことを初めて見るのもいいかもしれませんよ。

縁起物として昔から食べる習慣がありますが、
各地域によっても微妙に具材が違います。

アレンジも簡単だから自己流の七草粥で楽しむのもアリです!
を入れたり簡単な作り方から七草粥の由来まで一挙ご紹介していきます!

画像1

▼何故七草粥を食べるのか?その由来は?

2つの理由があって昔から食べられています。

・理由1

画像2

古くからの言い伝えと風習

中国から伝わったもので、
平安時代から行われています。

7種類の菜の暖かい汁物を食すことで
邪気が払われてると信じられていました。

また、日本では、15日に小豆粥を食べる習慣があり、
それと合わさって、現在の形になったといわれているそうですよ。

・理由2

画像3

正月の食べ過ぎ、
飲み過ぎのために体調が崩れやすい時期です。

消化によい粥・ビタミン豊富な葉物野菜を食べることで
健康管理するという意味合いがあります。

▼各具材はこちら

・セリ ‐カロテンとビタミンCが豊富

画像4

・ナズナ ‐別名ぺんぺん草。ビタミンKが豊富

画像5

・ゴギョウ ‐別名母子草(ハハコグサ)

画像6

・ハコベラ ‐たんぱく質が比較的多く、またミネラル分も豊富。古くは薬草として利用されていた

画像7

・ホトケノザ ‐本種は食べられません。スーパーなどでは、コオニタビラコというキク科の草を用いることがほとんどです。

画像8

・スズナ ‐消化を助けてくれるジアスターゼが豊富

画像9

・スズシロ ‐消化を助けてくれるジアスターゼが豊富

▼七草粥には七草のどの部分を使えばいいの?

画像11

最近では、スーパーなどで【七草がゆセット】として
売っている場合が多いでしょう。

その中には、株付きなど実が付いた形で売っていますよね。

でも、本格的な七草がゆでは実を入れないのが本筋です。

葉っぱの部分のみを細かく刻んで入れます。

実の部分は、他の料理に使うそうです。

▼七草がゆ簡単レシピ ごはんから作れる!

七草粥は葉っぱを入れて煮込むだけなので簡単なのですが、
各地でいろんなアレンジがあったりして面白いです。

餅を入れると一風変わった感じになり、おいしいですよ。

正月疲れしたときに【餅】はヘビーでは?という方もいらっしゃるかと思いますが、
古くは、粥に入れる餅を【かゆ柱】として無病息災を願う七草粥には必要なものだったそうで、
邪気を払う意味合いがあり、とってもありがたい餅として積極的に食べられていたそうです!

・七草がゆ 餅入り

画像12
http://cookpad.com/recipe/2457332

・リゾット風 七草粥

画像13
http://cookpad.com/recipe/2934837

・炊飯器で作れる簡単七草粥

画像14
http://cookpad.com/recipe/2810803

▼七草がゆ 料理動画

ポイントを押さえていて、
作り方が分かりやすいです(2分49秒)
https://www.youtube.com/watch?v=ddVCNHnFLa0

いかがでしたか?

正月で体がだるくなっている時期に、
七草粥は優しい味付けで体に沁みます。

作り方も簡単ですから、
手間もかからずにいいですよね。

七草粥を食べると正月を感じる気がしまし、
堪能してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ