2018年メンズのカッコイイ手袋は?スマホ対応もご紹介します!

秋のお彼岸も気が付けば過ぎて、外も懐も秋風が吹き荒ぶ日々ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

今年は冷え込むのが早い予想ですから、早目の冬支度を心掛けたい所です。

 

そんな折に「2018年オススメのメンズ手袋」と言ったお題が来ましたので、人気のブランドやスマホ対応の手袋を紹介しつつ、少し話をしたいと思いますよ。

 

寒い時期には欠かせないのが手袋です。

画像1

スポンサードリンク

☆コーデに併せて使いたいのですよ(-_-)。

と言う事で、先ずは「コーデに併せた手袋の使い方」を少し話したいと思います。

手袋と一口に言っても実に様々な物がありますが、カジュアルな服装の時とフォーマルな服装の時で、それぞれ使い分けるのがポイントです。

 

カジュアルな服装の時は、ニットや化学繊維(主にアクリル繊維やポリエステル繊維)で作られた物が良いでしょう。

レザーも悪くは無いですが、スマホ対応の物は少ない上に、やや堅い印象を与えるので、カジュアルに使う場合は少し慣れが必要です。

画像2

画像3

 

フォーマルで使う場合は、基本的にはどの素材でも問題無いですが、それぞれの場に合わせた色や素材を選ぶと良いでしょう。

特に近年では、フォーマルの場でもスマホを使う機会が増えましたので、スマホ対応の物を選ぶと便利です。

画像4

画像5

 

また、余りにも寒さが厳しい日は、寒さを防ぐ事が第一ですから、裏に起毛があるレザーやゴアテックス素材の手袋がお勧めです。

画像6

画像7

 

☆手袋のブランドが知りたいですm(_ _)m。

次は「手袋のブランド」を幾つか紹介をしますので、是非ご参考にして下さい。

RALPH LAUREN(ラルフ・ローレン)

「アメリカン・トラディショナル」の代表格と言える、スーツやポロシャツで世界中に広く知られるブランドです。

それに伴い、手袋を始めとする小物も数多く販売しています。

画像8

 

ラルフ・ローレンの主力ブランドである「ポロ・ラルフ・ローレン」の手袋です。

甲側を羊革にした高級感溢れる作りに手首の調節ベルトがあり、スマホに対応した作りなので、どんな場所でも気軽に使う事が出来ます。

 

 

こちらの手袋は、国内では余り流通しない製品で、手袋の全面に羊革を使っています。

内側はポリエステルなので保温性と撥水性が高く、長く愛用が出来る逸品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラルフ ローレン メンズ 手袋・グローブ【Everyday Nappa Gloves】Black
価格:14480円(税込、送料無料) (2018/10/6時点)

 

楽天で購入

 

 

Paul Smith(ポール・スミス)

ポール・スミスは英国を代表するファッションブランドで、デザイナー自身の名前でもあります。

実は大の日本好きで、製品の中には日本で作られた物も数多くあります。

画像9

 

ポール・スミスではカジュアルな感じの手袋です。

日本の職人さんが羊毛とアクリルを丁寧に織り込んだ、実に洒落た手袋です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<クーポン配布中>ポールスミス 手袋 ベージュ Paul Smith payo53832 メンズ 紳士
価格:4990円(税込、送料別) (2018/10/6時点)

 

楽天で購入

 

 

手首の位置に施された「マルチカラー」が、実にポール・スミスらしいですが、羊革とカシミヤで作られた手袋は、優れた保温力とスタイリッシュさを兼ね備える、フォーマルにピッタリな手袋と言えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

<クーポン配布中>ポールスミス 手袋 茶(ブラウン) Paul Smith payo41203 メンズ 紳士
価格:18800円(税込、送料別) (2018/10/6時点)

 

楽天で購入

 

 

ARMANI(アルマーニ)

イタリアを代表するブランドのアルマーニは、最も権威がある高級ブランドです。

メインブランドの「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ・アルマーニ)」と、セカンドラインの「EMPORIO ARMANI(エンポリオ・アルマーニ)」を軸に、様々な製品を世に出しています。

画像10

 

アルマーニの主力ブランドである「エンポリオ・アルマーニ」のメンズ手袋です。

EA7のロゴが入ったシンプルなデザインですが、ビジネスでもカジュアルでも使えるのが人気の秘訣です。

 

 

ビジネスシーンやフォーマルな場で是非お勧めしたいのが、ジョルジオ・アルマーニの革手袋です。

最高級の羊革を贅沢に使い、内生地はカシミヤ100%で作られた、格段の違いを見せる手袋です。

 

 

TAKEO KIKUCHI(タケオ・キクチ)

日本を代表するファッションデザイナーの、菊池武夫氏が立ち上げたブランドです(2003年に退任)。

英国風のメンズファッションがメインでしたが、近年では様々なラインナップがあります。

画像11

 

扱い易さを重視して、甲側はフェイクレザーで掌側に羊革を用いた、落ち着いた風合いの手袋です。

柔軟性と保温性を兼ね備え、スマホにも対応しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タケオキクチ TAKEO KIKUCHI 羊革使いレザー手袋 メンズ ブラウン
価格:7560円(税込、送料別) (2018/10/6時点)

 

楽天で購入

 

 

こちらの手袋は、掌側はディアスキン(Deer Skin鹿革)で甲側はシープスエード(Sheep Suede羊のなめし革)を使用した、とても手に馴染む手袋です。

とてもしなやかな革なので、使い込む程に独特な風合いが出ます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Mグッズ(ビットグローブ[ メンズ 手袋 チェーン ])/タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)
価格:21600円(税込、送料別) (2018/10/6時点)

 

楽天で購入

 

 

上記のブランドの他にも、実に様々なブランドがありますので、御自身で探してみると良いでしょう。

 

☆スマホ対応の手袋はどんな感じでしょうか(=_=)?

最後に「スマホ対応の手袋」に付いて、少し話をしたいと思います。

多くの方が先ず疑問に思う事として、「手袋を付けたままで、なぜスマホが動くのか?」と言う疑問があると思います。

答えは実にシンプルで、「導電糸(どうでんし)」と呼ばれる電気を通す糸が、指とスマホの間に入る事で、指からの微弱な電気を通電するからなのです。

近年では、ご自身で手袋に縫い付ける方も居ます。

画像12

 

そして、導電糸は普通の糸よりも少し割高な事もあり、スマホ対応の手袋だとしても、実際に通電する箇所は指先に限られる事と、作る時の手間から、ニットや化学繊維の手袋で作られる事が多いのです。

画像13

 

ここで、実際にどの様な製品があるのかをご確認戴く為に、スマホ対応の手袋を紹介しますので、是非ご参照下さい。

 

取り敢えず、スマホ対応の手袋を使いたい方にお勧めなのがこの手袋です。

両面に導電糸が使われていますので、左右を気にせずに使える手袋です。

 

 

パッと見た目はレザーの手袋ですが、スマホ対応のライダースグローブです。

撥水加工で手先が濡れず、裏起毛なので抜群の保温力です。

 

 

外は寒さが厳しいけれど、寒さに強くてスマホが使える、カジュアルな手袋が欲しい方にピッタリなのがこの手袋です。

裏面がボア生地で暖かく、抜群の肌触りな上にスマホが使えて、きめが細かいウール生地がオシャレな、とてもお勧めが出来る手袋です。

 

 

☆あとがき

いかがでしたか?

今年は冷え込みが早い予想ですから、今から手袋を用意して、急な冷え込みに備えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ