秋のロングスカートコーデ2018!通販で可愛いアイテムをお取り寄せ!

カラッカラかと思えば、大雨が降る変な天気が続きますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

立秋が過ぎれば、徐々に涼しく成りますので秋の準備が大切です。

 

そんな折に、「ロングスカート秋コーデ」と言ったお題が来ましたので、2018年の流行を押さえつつ、通販で人気なロングスカートを紹介したいと思います。

 

暦の上では秋が始まっています。

画像1

スポンサードリンク

 

☆ロングスカートはどんな感じで着るのでしょうか(・_・)?

と言う事で、先ずは「ロングスカートのコーデ」に付いて、少し話をしたいと思います。

女性の場合は秋や冬でも、素足或いはタイツを履く事で、冬場でもショートスカートやショートパンツで着こなす事が出来ます。

画像2

これを男性から見た場合、「それが良い」と言う方も居ますが、どちらかと言えば「寒そう」と思う人が多いのが事実です。

 

なので、秋や冬の場合は、余程脚に自信がある方以外は、ロングスカートを履く方が無難と言えます。

しかし、ロングスカートのコーデに関しては、全体的に暗い色合いですと、布の面積が広いだけに、少し近寄り難い雰囲気に成りますので注意が必要です。

画像3

 

また、ロングスカートの生地によっては、秋の日中で履くと暑い場合がありますので、気温で履くスカートを選ぶ事も大事です。

ロングスカートに併せるオーバーも、暖かい日はカーディガンやセーター、肌寒い日はジャケットやコートと使い分けましょう。

画像4

画像5

 

足下に関しては、ブーツでもスニーカーでも大丈夫ですが、踝(くるぶし)に届く長さのロングスカートの場合は、厚底の靴やヒールが高い靴を選ぶと、全体のバランスが取れます。

画像6

 

上記の事を考えつつ、色々とアレンジしてみましょう。

 

☆今年の流行は?

次は「今年の流行ファッション」に付いて、幾つか説明をしたいと思います。

今年の傾向としては、今や定番の「MA-1」と「デニムジャケット」に、柄や模様を編み込んだ「ジャガード柄」が、ロングスカートのコーデとして流行しそうです。

 

今では、カジュアルファッションの代表格と言えるMA-1ですが、基本的にくすんだ色合いが多いので、ロングスカートも少しくすんだ色合いにすると、全体的に落ち着いた感じに成ります。

画像7

 

デニムジャケットも人気のカジュアルファッションですが、MA-1と比べると、明るい感じの青系統の色合いが多いので、トップやボトムをホワイト系に纏めると良いでしょう。

画像8

 

今年から来年に掛けて、かなり流行しそうなのがジャガード柄ですが、どこで用いても視線が集まり易い柄ですから、基本的にはコーデのメインに使い、周りを少し控え目な感じに使います。

画像9

 

また、スカートの長さは去年と同様に「マキシ丈」が人気で、カラーは春夏から引き続き、暖色系の「ビビット(冴えた・ハッキリとした)カラー」が流行しそうです。

 

足首が見えつつ、全体のバランスが良いマキシ丈ですが、底が少し高い靴を選ぶ事で、足下をスマートに見せる事が出来ます。

画像10

 

基本的に、ビビットカラーは目に適度な刺激を与える色ですから、トップを対極的な色合いにして、ツートーンカラー(この場合は異なる色合いです)にするとバランスが取れます。

画像11

 

そして、今後のトレンドワードに成りつつあるのが、「グローバルワーク」と呼ばれる手法で、例えばチェック柄にボーダー柄を併せる感じで、異なる柄を組み合わせるコーデが、少しずつ出始めています。

 

この画像の様に、トップ・ボトム・オーバーを、それぞれ異なる柄にするのがグローバルワークです。ポイントとしては、余りに極端な柄を組み合わせると、全体的にチグハグな印象を与えますから、慣れない内は、似た様な柄や同系統の色合いで、コーデをしてみましょう

画像12

 

これ等を参考にして、ロングスカートのコーデを組み合わせてみましょう。

 

☆お勧めのロングスカートは?

最後に、お勧めのロングスカートを紹介しますので、衣替えの前に用意しましょう。

 

歩く度に揺れるペイズリー柄のヘムラインが目を引く、とてもお洒落なロングスカートです。

異なる素材を贅沢に使ったお勧めの商品です。

 

ベロア生地・サテン生地・ペイズリー生地を組み合わせた、独特のグラデーションが目を引く、大人の女性に相応しいマキシスカートです。

とても人気な商品ですので、早目に注文をしましょう。

 

これからの季節にピッタリなのが、こちらのプリーツスカートです。

落ち着いた色合いのベルベット生地で作られた、今年の新作です。

 

秋の爽やかな季節に最適なのが、コットン生地で作られたこちらのフレアスカートです。

製品染めで作られた事で独特な色合いを持ち、抜群な履き心地で気軽に履く事が出来ます。

 

☆あとがき

いかがでしたか?今年は一気に気温が下がりそうですから、早目に服の準備をして、充実した秋を迎えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ