可愛いレディース手袋ブランド2017!スマホ対応手袋ってどんなもの?

2017年ももう季節は秋。

通勤通学の時間には気温も下がって厚着をしている人も多いのではないでしょうか。

この秋冬に注目する、あったか小物の1つとして手袋があります。

 

今はスマホ対応の手袋も当たり前になっていますね。

では、今回はレディース手袋の人気ブランドやスマホ対応手袋も紹介していきます。

スポンサードリンク

○カジュアルなコーデに合いそうな手袋ってどんなもの?

ニット

ニット素材のものはカジュアルコーデに合いますね。

見た目もモコモコしててかわいいです。

画像1

ムートン

ムートンの手袋は保温性も高いので、デザインも機能面でもおすすめです。

画像2

○フォーマルなコーデに合いそうなものは?

素材を革にすることで落ち着いた大人っぽい雰囲気になります。

画像3

 

かざりつき

リボンやファーなどポイントがあるものは女性らしさを出してくれるので、フォーマルなコーデのときにもワンポイントとして使えます。

画像4

アンゴラ混

落ち着いた雰囲気で上品さを感じる素材です。

アンゴラのみだとほわほわ感が強くなるので、ウールなどの混合素材がおすすめです。

画像5

 

コットン

女性らしいシルエットを出してくれるコットンは通気性も良いので蒸れも少なく、指も動かしやすい素材です。

画像6

 

スエード

革を加工した素材で、羊などの裏皮をけばだたせた革のことをいいます。

革が柔らかくなるので、手袋も窮屈感を感じにくいとおもいます。

マットな感じも上品で良いですね。

画像7
○人気のレディースのブランドを紹介!

UGG

ムートンブーツが有名なブランドですが、ムートン手袋も人気です。

防寒性も高いので、重宝されそうですね。

グローブデポ

手袋・靴下専門店で、素材も生産も国内という安心なブランドです。

ちなみに、このブランドの注目手袋で、カシミヤ100%の手袋にイニシャルを刺繍してくれるというサービスがあり、完全受注生産という特別感のある手袋になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カシミア100% セミオーダー手袋 早割りキャンペーン
価格:7200円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)

神戸レタス

手ごろな価格で買えるプチプラブランドとして人気です。

得に通販で人気があり、手ごろなのにファッション性が高く、可愛いと評判です。

個人的にも好きなブランドのひとつです。

ハリスツイード

ウールを厚手にした生地で、防寒性も高いです。

そのオリジナルな生地のデザインはコーデのポイントになり、幅広いデザインに合うと感じます。

○スマホ対応の手袋ってどんなもの?

手袋をしたまま、スマホを操作できる手袋のことをいいます。

スマホが反応する仕組みとしては、指とスマホの間に流れる電流を読み取って反応しています。

スマホ対応手袋は、手袋の指のところに電気を通す「導電糸」が縫製されています。

なので、素手で操作するときのように、電流がスマホに届くので、手袋をしたまま操作することができるのです。

○スマホに反応しない原因は?

スマホ対応手袋なのに、反応しないということもありますね。その原因として

手袋の劣化

手袋を洗うことで、生地が傷み、劣化してしまうことで反応しなくなることがあります。

 

スマホの汚れ

皮脂汚れがあると反応しないときもあります。

 

保護シートを貼っている

保護シートを貼っていることで反応しないときもあります。

 

サイズが合っていない

スマホ対応につくられている指先部分に指が届いていないので、反応しないことがあります。

○おすすめレディースのスマホ対応の手袋を紹介!

ラビットファー付き手袋

ラビットファーを使用した手袋です。

上品さもあってフォーマルにもフェミニンなファッションにも合いそうですね。

長めの手袋

肘くらいまである手袋なので、手首に入る冷気の対策にもなります。

 アクセの刺繍入り手袋

手袋をすると、手元のアクセサリーが隠れてしまってなんだか手元が寂しいと感じる人もいるかと思います。

この手袋はブレスレットや指輪の刺繍がなされており、パールも付いているので、手元が華やかに見えます。

 最後に

スマホ対応の手袋は以前より増え、カジュアルからフェミニンまで、幅広いデザインのものが出ています。

その生地も違うので、そのときのコーデにあわせると楽しいですね。

また、プレゼントとしても人気のアイテムなので、これらを参考にクリスマスに向けてプレゼント候補を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ