2017年レディースイヤーマフラーの人気ブランド!コーデも紹介♪

2017年も何だか気が付いたら、秋のお彼岸も過ぎまして、本格的な秋の到来ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?

涼しく成ったと思ったら、直ぐに寒く成るのが秋ですなあ。

 

そんな折に「イヤーマフラーレディースコーデ」と言ったお題がサッと来ましたので、2017年度の流行を踏まえつつ、コーデの際におけるポイントや人気のブランドなんてのを、少し話しましょうと言う事なのですよ。

 

寒い冬場は耳を温めましょう。

画像1

スポンサードリンク

☆イヤーマフラーとは?

と言う事で、先ずは「イヤーマフラー(イヤーマフ)」に付いて少し話したいと思います。

道具としては「耳を保温する為に用いるヘッドホン状の道具」ですが、優れた保温性だけで無く近年ではファッションアイテムとしても人気なのです。

画像2

 

特に男性からのウケが良く、冬場限定のアイテムなので最近は使う女性が増えて居るのです。

使う際の注意点としては物によっては「防音性能」に優れた物がありますが「聴覚過敏」の方以外は、外で用いると危険ですから事前に確認しましょう。

画像3

また、冬の定番と言えるニット帽と比べると、頭の締め付けが無い反面、長時間の使用で耳が痛く成る事がありますので、外出時には両方用意して適宜、使い分けると良いでしょう。

 

☆どんな物を選べば良いい?

最初に、「イヤーマフラー」の説明をしましたが、次は、「イヤーマフラーの選び方」を話したいと思います。

 

イヤーマフラーを選ぶ時のポイントとして、「髪の色」と「コーデの服装」がありますが、髪の色に関しては大体ですが、下記の様に成ります。

 

黒い髪の場合

イヤーマフラーを強調しない場合は髪の色に合わせて、黒や暗色系の色、ワンポイントで使う場合は、白がオススメです。

画像4

画像5

 

・茶色い髪の場合

殆どの色が合いますので、コーデに併せて色を使い分けましょう。

目安としては、全体的にスマートな感じにしたい場合は暗色系な色にして、可愛い感じにしたい場合は明るい色にすると良いでしょう。

画像6

画像7

 

ブロンドな髪の場合

こちらは黒い髪の場合と逆で、イヤーマフラーを強調しない場合は白や明るい色、ワンポイントで使う場合は黒や暗色系の色にすると良いでしょう。

画像8

画像9

 洋服に合わせる場合は?

髪の色で、イヤーマフラーを選ぶ場合は上記の通りですが、服装で選ぶ場合、基本的にはトップやオーバーに近い色合いでイヤーマフラーを選ぶと落ち着いた感じに成ります。

画像10

画像11

 

また、今年の傾向としては全体的にモコモコした感じの物や、ファーが付いた物が人気と成りそうです。

画像12

画像13

 

これ等を参考にして、色々とアレンジしてみましょう。

 

☆「イヤーマフラー」のブランドを紹介!

先程は「イヤーマフラーの選び方」を説明しましたが、今度は「イヤーマフラーのブランド」を幾つか紹介したいと思います。

 

・UGG(アグ)

アメリカのアパレル企業である「シープスキン」を考案した「デッカーズ・アウトドア・コーポレーション」が所有するファッションブランドです。

シープスキンやウールを使った、保温性能が高い製品が特徴です。

画像14

 ・PENDLETON(ペンドルトン)

150年以上続く、アメリカを代表する毛織物のブランドです。

ネイティブアメリカンの伝統に基づいた独特な模様のウール製品が特徴です。

画像15

・SAGA(サガ)

様々な北欧の伝記で見掛ける言葉ですが、ファッション界でのサガはデンマーク・ノルウェー・スウェーデン・フィンランドで生産される最高級のミンクとフォックスの品質を保証する登録商標のブランド名です。

画像16

 

上記の他に、「ハリスツイード」の商品がありますが、誤解をされて居る方が凄く多いので少し説明しますと、実はブランドでは無く100年以上の歴史を誇る「ハリスツイード協会に認定された生地」の総称です。

画像17

ところが近年では偽の認定が付いた物が凄く溢れているので、購入の際には十分に気を付けましょう。

 

☆おススメのイヤーマフラーは?

さて、これまで「イヤーマフラー」の話をして来ましたが、最後にオススメのアイテムを幾つか紹介しますので、寒い冬が来る前に揃えておくと良いでしょう。

 

この商品は、ヘアバンドとイヤーマフラーが一体化した、大変人気なアイテムです。

ヘアバンドの感覚で、付けられるのがポイントです。

 

兎に角、暖かいイヤーマフラーが欲しい方にとてもオススメな、フェイクファーのイヤーマフラーです。

寒さが厳しい日には特に重宝するでしょう。

 

根強い人気を誇る、UGGのイヤーマフラーです。

保温性と撥水性が高いシープスキンをふんだんに使ったオススメのアイテムです。

 

キラキラ輝くオシャレなラインストーンが特徴的なアナ・スイのイヤーマフラーです。

豪華な見た目だけで無く、ラビットファーをふんだんに使った保温性も抜群な商品です。

 

見た目も肌触りも別格なサガファーを贅沢に使った、実に豪華なイヤーマフラーです。

シンプルながらも、格段の存在感を示す保温性能が抜群なイヤーマフラーです。

 

イヤーマフラーは気軽にサッと使いたい方にピッタリなのが、このイヤーマフラーです。

ハリスツイード生地を使った、実にオシャレで使い易いイヤーマフラーです。

☆あとがき

いかがでしたか?今年の冬は、寒さが厳しく成りそうです。

今からイヤーマフラーを準備して快適な冬を迎えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ