ロードバイク街乗りファッション2017!おしゃれな秋のメンズコーデ!

暑かった夏が、いよいよ終わろうとしている日々ですが、皆さんはいかがお過ごしです?

今年は本当に変な夏だったので秋が待ち遠しいですな!

 

その秋と言えば外出の機会が増える時期ですが、今回は「ロードバイクの街乗りファッション・メンズ編」と題して2017年の流行を踏まえつつオシャレな街乗りの話でもしましょうと、まあそういう事なのですよ。

 

秋はアウトドアに最適な季節です!

画像1

スポンサードリンク

☆「ロードバイク」のファッションは、何か違うのですか?

と言う事で、先ずは、「ロードバイクでの注意点」に付いて、少し話をしたいと思います。

男性の場合、スカートを履く事は無いので女性よりは注意点が少ないですが、下記のポイントに、気を付けて

着こなしましょう。

ヒラヒラした服や小物は避ける

「ロードバイク」で毎年の様に発生するのが、服やマフラーが、ロードバイクに絡まる事による事故です。

これを防ぐ為にも、ダブついたズボンや、ロングコート等は避けましょう。

画像2

 

急な冷え込みに備える

 

秋の季節は、日中でも、急な冷え込みが起こる時があります。

特に、汗を掻いた後ですと、急激に身体が冷えて、体調不良を引き起こします。

これを防ぐ為に、ウィンドブレーカー等を用意すると、急激な冷え込みにも対応が出来ます。

画像3

 

明るい色のオーバーを用意する

 

「ロードバイク」で注意すべき事として、自動車の視点ですと朝晩は歩行者や自転車は本当に目立ちません。

特に夕暮れの頃合ですと、本当に見えない時があります。

なので、オーバーに着るウィンドブレーカーやハーフコートに関しては、目に付き易い明るい色を選びましょう。

画像4

 

上記の事に注意して、「ロードバイク」のコーデを考えましょう。

 

☆どんな格好が良い?

 

最初に、「ロードバイクでの注意点」を少し話しましたが、次は、「ロードバイクのファッション」を幾つか話したいと思います。

 

本来でしたら、「ロードバイク」には、「サイクルジャージ」が最適と言えます。

通気性・吸汗性・発汗性に優れ、長時間の運動でも、身体が疲れにくいです。

 

ですが、街乗りでしたらそこまでする必要は無いですし、今では性能にとても優れて、実にカジュアルな感じの「サイクルウェア」がありますので、そちらを着れば街乗りでも快適に過ごせます。

画像5

 

 

今年の傾向としては、「ミリタリースタイル」を取り入れた物がカジュアルなコーデの主流で、特に「タイトなロングパンツ」が人気です。

画像6

画像7

画像8

 

 

 

因みに、「ロードバイク」の街乗りに着る服で、押さえたいポイントとしては、下記の様に成ります。

 

・吸汗性能及び発汗性能

 

・身体を動かし易い

 

・身体に負担が掛からない

 

この3点に気を付ければ、街乗りでは十分と言えます。

 

 

例えばお尻が痛い場合は、サポーターが付いたアンダーウェアに代える。

パンツの裾がヒラヒラして困る場合は、裾止めのバンドやベルトを用意する。

と言った具合です。

画像9

 

 

その上で、転倒時に備えてヘルメットやグローブ等の用意したり、強い紫外線を防ぐ為にアームカバーを用意したりすると、安心して「ロードバイク」に乗る事が出来ます。

画像10

画像11

画像12

 

上記のポイントを押さえるだけでも、快適さが段違いですから、今の内から、色々と準備しておくと良いでしょう。

 

☆オススメのアイテムは?

 

最後に成りますが、オススメのアイテムを幾つか紹介しますので、是非御参照下さい。

 

 

見た感じは、一般的なダービージャージに見えますが、実はサイクルジャージです。

吸汗性及び発汗性に優れ、紫外線をカットするので日差しが強い、秋の日中も安心です。

 

 

パッと見た目には、サイクルパンツには見えない、サイクルチノパンです。

ロードバイクだけで無く、色んな場所で使える優れ物です。

 

 

朝晩の気温低下や、急な雨降りにピッタリなのがこちらのフーディジャケットです。

撥水性と保温性に優れるので、普段着で使っても大変重宝します。

 

 

サイクル用のヘルメットは少し使い辛いと思う方には、こちらのヘルメットがオススメです。

高い安全性及び、発汗性を維持しつつカジュアルなデザインなので、街乗りにオススメです。

 

 

安全の為には大事だけれど、サイクルグローブはちょっと・・・。

そんな方にオススメなのが、こちらのサイクルグローブです。

実にカジュアルなデザインですが、衝撃を吸収するパッドや、吸汗速乾素材を使う事で、高い実用性を備えています。

 

 

昼間の日差しが強い日に、街乗りで気軽に使えるアームカバーです。

発汗性に優れ、柔軟性にも優れた、オススメのアイテムです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティゴラ(TIGORA) 自転車用 サイクル用 アームカバー うで用
価格:1599円(税込、送料別) (2017/8/30時点)

 

 

春から秋に掛けて使える、紫外線カットと吸汗性・発汗性に優れた日本製のアームカバーです。

常にサラサラな状態を維持するので、暑い日にも安心して使えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(rocogowa/ロコゴワ) (自転車用ウェアー)ロコアームUV
価格:3283円(税込、送料別) (2017/8/30時点)

 

☆あとがき

 

いかがでしたか?今年の秋は、もう直ぐそこです。ロードバイクの

手入れと一緒に、カジュアルなサイクルウェアを用意しましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ