2017年夏に抑えておきたいサンダルのメンズブランドを紹介!

暖かくなってきましたね

のファッションに欠かせないアイテムの一つがサンダル!

2017年はどのようなサンダルが流行するのでしょうか。

今年注目のメンズブランドのサンダルを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

○2017年夏は男性達の中でどんなサンダルが流行りそう?

一昨年からスポーティーなタイプのサンダルが人気を博しており
今年も注目のスポーティーサンダル、通称スポサンが続々と出てきています。

また靴下で履くスタイルもよく見かけるので
去年よりも定番化してきているように思います。

○2017年メンズで人気のサンダルのブランド

ビルケンシュトック
ドイツで生まれたブランドです

そのフィット感と老若男女・幅広い服装に合うそのモデルに魅了されて、
愛用する人が続出する爆発的なヒットブランドとなりました。

「ビルケン」の愛称で有名です。

サンダルを語るときには欠かせないブランドと言えるほど
履いている人を多く見かけますね。

特に注目のモデルが「ミラノ」と「マドリッド」。

ミラノはバックストラップが付いているので
脱げにくく長時間歩くときに便利です。

カジュアルと可愛さがありますね。

 

マドリッドは最初に出たモデルで、今でも愛される人気です。

アリゾナのようなしっかりとした感じではなく、
ユニセックスで使えそうなタイプです。

 

2つともソックスで履いても可愛いですね。

Teva

スポーツサンダルとして有名になったアウトドア靴ブランド。

ストラップが特長で、路面が良くない状態の上でも
快適に歩けるその機能性とフィット感が評判のサンダルです。

見た目もシンプルですが存在感があるので
シンプルコーデにも水着にも使える場面が多くあります。
(ハリケーン)

 

 

(オリジナルユニバーサル)

 

スイコック

日本発のブランドで、スポーツサンダルがメインです。

世界的ソールメーカーとのコラボで出来た「ビブラムソール」が特長で
スニーカーのようなフィットする履き心地を実現。

ストラップも可愛くて注目されています。

このブランドで人気なのがDEPA-VとCHIN-V。

厚めのソールと無駄のないシンプルなフォルムが特長です。
(DEPA-V)

 

 

(CHIN-V)

 

アイランドスリッパ

ハワイで創業された老舗サンダルブランドで
上質なレザーをふんだんにつかったシンプルかつ上品な仕上がり。

フィット感も抜群で長時間歩いても疲れません。

水辺で歩くことを考えて作られた
グリップ性の高いアウトソールも評判が良いです。

人気のモデルはPT202。

アイランドスリッパといえばコレというモデルです。

履けば履くほど味の出る大人のサンダルと言えます。

 

 

次におすすめのモデルがPT203。

これは素材がスエードになっているので、海辺よりも街中用におすすめです。

 

KEENのUNEEK

独特なフォルムで、アッパーの部分は編みこみになっており、
斬新なサンダルです。

水陸両用で、つま先も守ってくれるのでアウトドアサンダルに使えますよ。

周りとちょっと違ったサンダルで圧倒的な存在感を出してみませんか?

 

○サンダルにはどんなコーデが合う?

ビルケン×アンクルパンツ×ソックス

1画像
ビルケンはなかなかカジュアルなので
街中で素足履きすると余計に涼しさが強調されてしまいます。

爽やかに日常使いするのなら、
ソックスとアンクルパンツを組み合わせると良いでしょう。

モノトーン×Teva

2画像
シンプルだけどそのストラップの存在感が目立つTevaには
そのシンプルさにあわせて全体をモノトーンでまとめると
カジュアルかつシックなかっこいい大人を演出できます。

シンプルストラップであれば、
スイコックもこのコーデにぴったりですね。

UNEEK×グレースラックス×素足

3画像
もはやスニーカー感覚で履いてしまうことで
普段着と自然にマッチするコーデになります。

そして素足で履けるメリットを生かし
スラックスパンツにすることで
足元に涼しさと清潔さを持たせることが出来ます。

アイランドスリッパ×ハーフパンツ

4画像
ビーサンのような形はやはりハーフパンツが似合う!

さらにアイランドスリッパのように素材がレザーだと
カジュアルになりすぎないので清潔感と高級感から、
ちょっと大人な雰囲気を出してくれます。

最後に

シーンに合わせてサンダルも服装も変えることで海でも街中でも
日中でも夜でも万能に使えることがわかりますよね。

この夏、あなたも流行のサンダルで夏コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ